もがきママの2歳差育児な日々

東京在住の3歳男の子と1歳女の子のママが綴る2歳差育児奮闘記!想像以上に大変だった2歳差での子育ての中で感じる思いや出来事を赤裸々に綴っています。同じように2歳差育児で悩めるママへの情報発信も行っていきたいと思います!

【スポンサーリンク】

子育てママ・パパへ外泊のススメ~GWに1泊2日の一人時間!~

f:id:sobakasukarashimie:20190507132652p:image

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

 

こんにちは、もがきママです!

みなさんはGWはいかがお過ごしでしたか?

10連休も振り返ればあっと言う間に終わってしまいました。このGW、我が家的には結構革新的な過ごし方をしまして、夫と私、それぞれ1泊2日の自由時間を過ごしました!その時間があまりにも最高すぎて、是非オススメしたいのであります( *´艸`)

 

子育てママの休息は、数時間じゃ足りません

 

子供が欲しくて欲しくてたまらなかった時には、四六時中子供と一緒にいても余裕だと思っていたのに、現実は甘くなかった。イライラして、息が詰まり、一人になりたくて仕方がない!そんな時は、夫に子供をお願いして一人で3時間くらい一人時間を過ごすのですが、正直なところそれじゃ全然足りない。あっと言う間に終わっちゃう。でもこんな時間を過ごせるだけありがたい。私は恵まれている。と願望に蓋をし感謝で上書きする。自宅に戻り、「ゆっくりできた~?」と満面の笑みの夫。「うん!リフレッシュできたよ!ありがとう!」と返すけど、束の間の数時間。やりたいことを詰めまくっているからやっと一息つこうなんて思ったらもうタイムオーバー。時間が足りない!そもそも24時間子供と一緒にいる疲れは、こんな数時間の一人時間だけじゃ全然癒されないからね(気分転換にはなるけどさ)

本当は、もっともっと一人でいたいんだ!!

 

夫もそう思っていた

 

ストレスの渦中にいると、自分が一番大変だと思ってしまいがちな私だけど、夫も夫なりにやっぱり疲れを感じていて一人でゆっくりしたいと思っていたようです。

疲れて仕事から帰ってきて、可愛い子供達と過ごす夜。そんな中、奥さんは育児で終始イライラしてるし、子供のエンドレスな遊びへの要求。ゆっくり夕飯を食べることも座ることもままならない(奥さんイライラしてるし心も休まらないでしょうな)。土日は子供と全力で過ごそうと思っているし、奥さんに一人時間も作ってあげたい。そんなことを考えている夫は、私と同じように一人でゆっくり過ごす時間を欲していました。

 

そうだ、1泊2日で家を出よう!

 

そんなお互いの思いを話し合った結果、このGWにお互い思いっきり一人時間を満喫しようということになり、お互い1泊2日で家を出ることにしました!

当初は2日間好きに過ごす(外泊はしない)という案もあったのですが、夫が一人で子供をお世話することも良い経験になるということで、外泊することにしたのです(夫、めっちゃ不安がっていましたが…頑張れ)

 

私のためだけの2日間!!

 

そして私は1泊2日、私のためだけに時間を過ごしに街に繰り出したのです!!

↑ 歓喜のツイート!

 

まずは、友人とおしゃれカフェでランチ!おしゃれなご飯を食べながら3時間しゃべりっぱなし!

 

f:id:sobakasukarashimie:20190507131306j:image

 

その後、洋服を買いにGUへ(結局、ユニクロとかGU行っちゃうよね~w)

試着の長蛇の列だって今日の私は並べるんだ!!

 

そして夜の銀座へ…!

↑ お帰りチャイムには家にいるような生活を何年もしていると、もはや夜7時に一人で都会にいるって、ソワソワしちゃう(昔はもっと夜遊びしてたのにね~)

 

いつもだったら寝かしつけを意識する時間の20:30から高校の友人と、billsへ!

 

f:id:sobakasukarashimie:20190507131333j:image

↑ シャンパンだって飲んじゃうんだからね!(嘘です。スパークリングワインっす)

 

懐かしい話にもう爆笑の連続!友達って最高だ!

 

そして、今日の宿はここ!

 

ずっと泊まってみたかった新時代のシャレオツなカプセルホテル!

とっても素敵だったので、また記事を書きたいと思います(^O^)/

 

この宿泊での最大の目的は『ブログを書くこと』。一人で集中してブログをたくさん書くぞ!と意気込み、結果、朝の6時まで書き続けました(4記事くらい書けた!)

 

2時間睡眠の後、カフェでモーニングコーヒー♡

 

こんな優雅な時間の過ごし方、家にいたら絶対に無理!

帰る時間や夕飯の支度も考えずに、好きな場所で好きな人と会い、好きなお店で食事をする。独身の頃は当たり前にやっていたようなことが今の私には一番のご褒美。キラキラとした時間、本当に最高でした!!

 

その間、夫と子供は?

 

子供を楽しませようと一人で水族館に連れて行ってくれた夫。しかしGWの激混みでヘトヘト…。家に帰り、レトルト子供カレーを食べさせ、就寝と思いきや、まさかのお漏らしをされパジャマも布団もびちょびちょ。慌てて洗濯機にかけ、現状回復させ、ようやく寝たものの、今度は下の子がママがいないとギャン泣き!夜中に2・3回ほど発作的に泣きながら家じゅうを探しまわり、布団に戻ってくるという行動のせいで全然寝れず。寝不足と疲れで、子供のちょっとしたことでイラついてしまって感情がかき乱されたそうです(^^;)

 

夫に子供のお世話をお願いした副産物

 

私が家に帰り、夫からの第一声は『ママの大変さがよく分かったよ…』でした(;'∀')

 

3歳と1歳の子供を一人で見る大変さ。1人が寝たと思ったらもう1人が騒ぎ出す。自分時間を作るなんて不可能だった。思い通りの行動がとれない苛立ち。それが積もり積もると、いつもは怒らないような場面で怒ってしまう。ママがいつもイライラとしている理由が分かった。そしてお漏らしをされた時の絶望感も…。寝かしつけも大変なんだね。ママって本当にすごいね。

 

↑ この言葉が夫の口から出たことに感動!!

分かってくれたか、夫よ!偉い!よく気づけたな!

身をもって知るママの大変さがえらく響いたようで、外泊の思わぬ副産物に嬉しくなっちゃいました( *´艸`)

 

今度は夫の1泊2日

 

疲れ果てた夫とバトンタッチし、今度は夫が1泊2日の外泊に行きました!

漫画喫茶で夜通し好きな漫画を読みふけり、早朝から湘南でサーフィンをし、最後は丸の内でお買い物という充実した時間を過ごしたようです。帰ってきた夫は、はじけるような笑顔で「楽しかった~!」と言っておりましたw

 

その間、私と子供は?

 

夫のいない間、私と子供たちはと言うと、

超、余裕でした!w

ご飯も適当にうどんで済ませ、掃除も片付けもせず、家でダラダラ~w

それはそれで、最高でした( ̄▽ ̄)w

 

自分を可愛がることは大切なこと

 

『1泊2日で家をあけていた』と実母に言ったら「は~?親なのに?大丈夫なわけ?」といった反応が返ってきました。まぁ、そう思う人もいるでしょう。親はこうあるべきといった固定概念を持っている人は多いと思いますし、そもそもそれを理解し、賛同してくれるようなパートナーかどうかといった問題もありますが、子育てを頑張っているママ・パパだからこそ外泊して一人時間を過ごすことをおススメしたいのです!

 

親だからって子育てを乗り切るパワーが湧き続けることなんて絶対にないと思うのです。親も人間。一人の人なのです。どこかで自分を癒し、可愛がってあげる時間を作らないと永遠と思えるような長い子育てを乗り切ることはできないと思います。

『親なのに外泊とかいいの?』『自分のことばっかり考えて子供が可哀そう』そんな固定概念や外野の言葉なんてクソくらえです。投げちゃえ!捨てちゃえ!ぶっ飛ばしちゃえ!です。

 

子供や家族を大切にしたいなら、まずは自分を大切にしなくちゃ。

『私』が笑っているだけで、家族は笑顔になるのです。

 

もっと、『私』が好きなこと、喜ぶこと、楽しめることをやろう!

 

おわりに

 

1泊2日の外泊を通して、新しい視点を得た夫と私。この有意義な時間の効果に味をしめた私たちは3カ月に1回、この外泊を計画することにしました!自分自身を可愛がるために、そしてお互いのありがたさを感じるために。我が家の新しいルールです。

 

 

 

▼産後うつになりかけた私。自分を自分で追い込んでいた部分も。自分を大切にすることの重要性を身に染みて感じています▼

 

▼子育てのストレスで愛する我が子を可愛いと思えない。そのことに母として苦悩する。▼


▼私が思う子育て中のストレスってこれが一番大きいかも…▼

 

▼夫の良いところは、人の気持ちに寄り添ってくれるところだと思っています▼

 

↓ポチっとして頂けると嬉しいです!↓

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村