もがきママの2歳差育児な日々

東京在住の3歳男の子と1歳女の子のママが綴る2歳差育児奮闘記!想像以上に大変だった2歳差での子育ての中で感じる思いや出来事を赤裸々に綴っています。同じように2歳差育児で悩めるママへの情報発信も行っていきたいと思います!

【スポンサーリンク】

『天使なんかじゃない』の大好きなシーンを好き勝手に語らせて~!

f:id:sobakasukarashimie:20190713033900j:image

こんにちは、ママ解放活動家のもがきママです!

今日は、『ママ解放活動家』の看板を下ろして、私の大好きな漫画の話を好き勝手にさせて頂こうと思いま~す!

 

今回のテーマは

『画力( ;∀;)!!』です。

 

分かる人にしか分からない、究極の記事、いきま~す!

 

 

 

青春時代の漫画を語る!

 

以前、はてなブロガーで盛り上がった青春時代の漫画を語る記事。改めて当時の気持ちを思い出すと言いますが、テンションが上がるんですよね!

だから、今更ながら、私も語りたいと思ったわけですw

 

www.gu-gu-life.com

rito.gameha.com

 

しかしながら、私は気に入った漫画をひたすら何回も読み込むタイプだったので、語れるほど漫画を読んでいないんですね~。

しかし、熱く語りたい漫画はあるのです!

 

『天使なんかじゃない』は私の青春そのもの!

 

そう、『天ない』こと、

『天使なんかじゃない』です(^O^)/!!

 

f:id:sobakasukarashimie:20190713023708j:image

 ↓ 文庫サイズの新装版が出てた(゚Д゚;)!

 

作者はNANAやご近所物語の、矢沢あいさん。

アラサー女子の青春ど真ん中の漫画ではないでしょうか!?

 

f:id:sobakasukarashimie:20190713032326j:plain

 

もう天ないが本当に、大好きで、大好きで、登場人物の全員が大好きだったし、ワンレンに憧れたし、ドリカム好きになったし、サボ履いたし、生徒会はいったし、工藤静香のモノマネやるようになったし…、まさに、私の血肉となった漫画なのです!

ポンパドールもマネしてた!

今日は、そんな大好きな『天使なんかじゃない』の私史上、最も心に残る名シーンを熱く語りたいと思います!w

 

名シーンを載せたいけど権利絡みとか色々あるじゃん?

 

しかしですよ。

本当は嫁入り道具として持ってきた単行本での名シーンを写真に撮って、掲載して、熱く語りたいのですよ。でも著作権とか色々あるんでしょ?だから、載せられないのよー。

これじゃ、うまく伝えられなくない?

 なら、どうする?

 

自分で描くしかないよね~( ;∀;)!

 

ここは、私の画力の乏しさを『画力ぅ~!!w』と突っ込みをいれながら、共に青春時代へタイムスリップしようではないか!!w

 

マミリン、トイレに籠城事件

 

マミリンが、新入生歓迎会で白雪姫をやるんだよね。

王子様役は長いこと片思いしてきたタキガワマン。

しかーし、なんと新歓直前になって、新入生の中にタキガワマンの彼女がいることが判明!マミリンは、彼女の前でキスシーンなんて演じられない!と気が動転し、なんとトイレに籠城!そこへ、翠ちゃんがやってきて、トイレの壁をよじ登って出てくるよう説得するこのシーン!


f:id:sobakasukarashimie:20190711000553j:image

 

名セリフ出ました!

『あんたがあたしを嫌いでも、あたしは好きよマミリン!』

 

名シーンの気迫が伝わらない悲しさよ…(T_T)

 

キッスはマーブルチョコの味♡

 

晃と翠ちゃんが観覧車の中でチューする素敵なシーン!

マーブルチョコが観覧車の中で、こぼれちゃうんだよね~( *´艸`)

それを拾うために、観覧車を2周することになった時に二人が大接近でチューですよ!


f:id:sobakasukarashimie:20190711000543j:image

↑ なんだよ、このイラストだと、みやぞんとチューしてるみたいじゃないか(゚Д゚;)

晃はもっとカッコイイだぞ!!(怒)

 

↓ ほら、カッコイイ~( *´艸`)!

f:id:sobakasukarashimie:20190713032331j:plain

 

これを読んだ時から、『観覧車=チューするところ』という概念がついちゃったよねw

しばらくの間、彼氏もいないのに、もしもの時に備えてマーブルチョコを持ち歩いていたことは内緒にしておこう…。

 

『冴島翠みたいになりたい』

 

はぁん!!

これ、大好き( ;∀;)!

 

翠ちゃんとマミリンが将来何になりたいかを話す何気ないシーンなんだけど、突然、マミリンがぶっこむわけです。


f:id:sobakasukarashimie:20190710235846j:image

↑ マミリンは美女なんだよ。伝わんねーな、チクショー!

 

不意打ちのカミングアウトに翠ちゃんだけならず、私もズキューン!と来ちゃったよね!!あの秀才かつ容姿端麗で、感情を表に出さないマミリンがそんなことを思っていたの!?ってね!翠ちゃんも「あまりの嬉しい言葉に、額に入れて飾りたい」的な事を言っていたのが今でも忘れられない~。 

 

インドの晃からの電話

 

これは、何度読んでも泣く名シーン of 名シーン!

 

お互い思いあっているのに、すれ違ってしまったまま、行方が分からなくなっていた晃からの突然の電話。

 

晃がいなくなってからも頑張って平静を装っていた翠ちゃんも、晃の声を聞いた途端に感情が爆発!泣き崩れる!私も涙が止まらないよー!!


f:id:sobakasukarashimie:20190711000535j:image

画力!画力よ~(;´Д`)!!!

 

ほんと泣けるシーンだから!

 

おれが幸せにしたいのは、お前だけ

 

晃史上 NO.1名言との呼び声も高い名シーン!

晃は牧ちゃんの事が今でも好きなんじゃないかとの不安をぬぐいきれない翠ちゃんに対して、晃が言うセリフ。


f:id:sobakasukarashimie:20190711000557j:image

 

ここ本当にすごいカッコイイんだから!!!

この絵じゃ全然伝わらないと分かってるけどね…(T_T)

 

こんなセリフ言われたら悶絶もんだよ!ヒーヒー言っちゃうレベルです。

このシーンに憧れて、昔の彼氏に、ヘルメットぽんぽんとかおねだりした過去も紐ずる式に思い出しちゃったよね~w

 

留学に悩むマミリンの涙

 

進路を決める時に、長年の夢であったイギリス留学を悩み始めるマミリン。タキガワマンと交際を始めたことが迷いの原因か?と問う翠ちゃんに対してのセリフ!

グッときちゃうね~

 

f:id:sobakasukarashimie:20190711000540j:image

 

幸せの三原則

 

地味に好きなシーン。

生徒会長の志乃ちゃんが送辞で読むんだけど、このセリフを高校生だった私は友達と暗記して、何度も繰り返し言い合っていたっけな(^^)

f:id:sobakasukarashimie:20190711000600j:image

 

牧ちゃんと将志の子供の名前

 

ラスト間近の感動シーン!

牧ちゃんと将志さんの子供の名前が「アキラ」になったんだけど、漢字がまさかの『翠』!翠ってアキラと読めるんだって!なシーンに、「まじか!」と鳥肌が立ちました!


f:id:sobakasukarashimie:20190711000549j:image

 

恐ろしい画力のせいで、素晴らしいシーンを伝えられなくて、苦しい…!

 

今すぐ名シーンを読みたいなら、コミックシーモアで全巻読めるよw!(無料立ち読みもあるよ!)

 

…翠と書いてアキラの小話…

 

天ないにドはまりしていた頃から、子供が出来たら「翠」と「晃」とつけるのが夢でした。しかし、いざ長男の名前を決めるとなった時、可愛らしさも残したかったので、かっこよすぎる「晃」は心の中で却下しました。

すると、夫の口からまさかの「翠と書いてアキラって読むのはどう?」と信じられない発言が(゚Д゚;)!!

漫画を読んでないはずの夫から出たこの言葉に、運命的なものを感じましたw

(まぁ~、読みにくいよねということで、なくなくやめましたが。。)

 

おわりに

 

まだまだ語り足りないよ?

マミリンの「私なんか5年も片思いしてきたんだから、4年くらい耐えてよ!」とかケンちゃんの歌とか、晃がタキガワマンに「相手の事情なんて考えられないくらい伝えたい気持ちはねーのかよ」とか、文太の「まつりのあとの、きたなさよ~」とかw

スド―ザウルスも忘れちゃいかん!w

翠ちゃん、そのものになりたかった気持ちは今でも変わらない。

あんな女の子になりたい!アラサーだけどね( ;∀;)

さぁ、そこの女子!共に『天ない』を語ろう!!

 

 

2019年6月25日に発売されたばかりの新装再編版も発売中!新たに書き下ろされたイラストも入ってるんだって!これは買いだ(゚Д゚;)

 

 ▼色々頑張って描いてみましたが、このサイトを読むほうがあらすじも分かるし本家のイラストも満載だし、伝わるわ~(T_T)▼

bibi-star.jp

 

▼天ないにドはまりしていた私の高校時代ってこんな感じ▼

 

www.sobakasukarashimie.com