もがきママの2歳差育児な日々

東京在住の3歳男の子と1歳女の子のママが綴る2歳差育児奮闘記!想像以上に大変だった2歳差での子育ての中で感じる思いや出来事を赤裸々に綴っています。同じように2歳差育児で悩めるママへの情報発信も行っていきたいと思います!

【スポンサーリンク】

言葉が遅い我が家の3歳男の子が話し始めるまでの経過をまとめてみました。

f:id:sobakasukarashimie:20190421220532p:image

 

こんにちは、もがきママです!

 

先日、無事に幼稚園に入園した息子。新しい環境にもなれ、本人は毎日楽しそうに通園してくれています!親としては、毎日笑顔でいてくれて良かった!とホッとする部分もあるのですが、少し不安要素もあるのです。それは、息子の言葉の発達がゆっくりなこと。うまくお話出来ない分、お友達とトラブルにならないか心配なのです。

そこで今日は、改めて息子の言葉の遅れについてまとめていきたいと思います。

 

 

私のブログの中で、息子の言葉の遅れをテーマにしたものは9記事ほどあります。その中には、言葉が遅れているからゆえ笑えた話やほっこりした話もあるのですが、やはり多くを占めるのは【不安】です。

 

2歳5ヶ月の言葉の遅れ

 

初めて書いたのはこの記事でした。

 

3日違いで産まれた女の子が本当によくしゃべる子で、ママに口答えしたり、歌を歌ったり絵本を暗唱したりと、ビックリするぐらいの発達の違いを目の当たりにし、ショックを受けてしまいました(女の子の発達は早いんだから、そこを比べちゃダメなのにね!)。当時の息子が話せる言葉は、「ワンワン」「ババ(ママとパパの合体言葉)」の2つだけ…。おそらく1歳半前後の子が話すであろう程度しか言葉の発達が進んでいなかったように感じます。

 

2歳6ヶ月、まだ話さない

 

言葉の遅れに不安になりつつも、『2歳半になれば堰を切ったように話し始めるらしい』という都市伝説を信じ込み、言葉が飛び出す日はいつかいつかと待ちわびていました。しかし、待てど暮らせどその日はやってきませんでした。

 

 

若干ではありますが、「(物が)あったー!」「こっこ(here)」「あーん(食べ物が欲しい時)」などの単語が増えたのは良いことだったのですが、同じ月齢の子と比べたら雲泥の差です。だって、お名前呼ばれて「はーい」って言えないんですよ?1歳半の子が自分の名前を言えるようになっていると言うのに…。

やはり日に日に焦ってくる私。「個人差だ!」と自分を落ち着かせようとするも、不安の方が勝ってしまい、私の教育がいけなかったんじゃないかと思い詰め始めたのもこの時期からです。

 

2歳8ヶ月、言葉が出るようになってきた!

 

ようやく明るい兆しが見えてきたのが2歳8ヶ月の頃でした。まだまだ言葉の数は数えるほどしかありませんが、ここにきて『あんぱんパン(あんぱんまん)』がやっと言えるようになってきたのは嬉しかったです!さらに親が言う言葉をマネし始めたのもこの頃からで、「あぁ、こうやって人は言葉を覚えていくのか…」なんて感心したりもしていました。

 

 

また、この頃から「ワニとボール、どっちが好き?」などの言葉遊びをして、息子の趣向を知れるようになってきたのが本当に嬉しくて、楽しくて、言葉でコミュニケーションを取れる幸せを噛み締めていました。悩んだ日々があるからこそ、喜びはひとしおです。

 

2歳11ヶ月でようやく2語文

 

言葉を発し始めた様子を見て、ホッとしたのも束の間。外野はすぐに私を不安の底へ突き落とします。

地域の保健センターの方に、2歳の誕生日頃に2語文が出ないと問題だ、だの、ママ友からは読み聞かせや語りかけが足りないんじゃないの?だの言われ、とにかく不安でたまりませんでした。

 

 

正直、親でも全然分からない言葉を話す息子。それでも着実に前進しているのです!いかに外野の言葉をシャットアウトし、息子だけに耳を傾けるか。愉快な子供との生活の中でも少なからず葛藤を抱えていました。

 

 

そんな気を張った日々を過ごしていたからこそ、息子から一番聞きたかった言葉を聞けた日は、涙が止まらないほど嬉しかったです!今でも大切な思い出です。↓

 

 

3歳で言葉の数が急激に増えた

 

息子の場合、3歳になってから言葉の数がグンと増えたように感じます。だいたい言っていることの半分くらいは言葉で理解ができるようになったのです。まだ半分、されど半分です!しかし、幼稚園の面接時にお名前を言えるように練習したのですが、結局、苗字はいえず、下の名前だけ言えるようになった感じでした。相変わらずゆっくりな成長です。

 

3歳半、今の状況→口ごたえするようになったぜ

 

息子も3歳半になりまして、ここにきて言っている言葉の意味の7割から8割くらい言葉で理解できるようになってきました!たどたどしい言葉使いが可愛いw

私も「もう大丈夫、この子はちゃんと話せるようになる」と実感できているからでしょうか。言葉の遅れに関して、不安や心配はだいぶなくなりました。

3歳から3歳半の間での言葉の発達は著しく、つい最近なんて、

 

息子「お菓子もっと食べたーい」

私 「夕飯食べれなくなっちゃうから、もうおしまい」

息子「……(静寂の間)」

からの

f:id:sobakasukarashimie:20190420002847p:image

 

はぁ~(゚д゚#)!?

 

まーじ、なめた口ききやがって~!

あまりの衝撃に私の育ちの悪さが露呈しちゃったもののw、こんな絶妙な口ごたえが出来るようになったのも成長の証ですね!おそらく私が芋虫が大嫌いなのを理解した上で放った言葉なんでしょう。いや~ちゃんと理解して選んで言葉を発していることに感動すら覚えましたw

 

おわりに

 

もし今までの私のように、子供の言葉の遅れで不安になっているママさんがいたならば、うちの息子は亀のようにゆっくりな成長だけど、それでも前進しているから大丈夫だよ!と伝えたいです。こういう育児書に当てはまらないタイプの成長を辿る子もいるのです(^ω^)

育児をしていると『個人差』という言葉に助けられたりも、振り回されたりもしますが、やっぱり結局のところ『個人差なんだ』ってところに行き着くと言うのが私の今の答えです。うちの子もまだまだ発達途中ですが、彼のスピードで見守っていきたいなと思います。