もがきママの2歳差育児な日々

東京在住の3歳男の子と1歳女の子のママが綴る2歳差育児奮闘記!想像以上に大変だった2歳差での子育ての中で感じる思いや出来事を赤裸々に綴っています。同じように2歳差育児で悩めるママへの情報発信も行っていきたいと思います!

【スポンサーリンク】

ブログを続けることへの迷いと決断

f:id:sobakasukarashimie:20190524223820p:image

こんにちは、もがきママです!

今、はてなブログのお題が「迷い」と「決断」なんですね。りとさん(id:rito-jh)がお題として書かれているので知りました。

 

rito.gameha.com

 

はて、私の場合は何だろう?

色々人生遡って考えてみたのですが思いつかず。しかし、灯台下暗し!今まさに迷いの渦中にいることに気付きました。

それは、ブログを続けていくか否かです。

 

 

ブログの本音を書いてみようと思う

 

ブログって匿名だからこそ言論の自由が保たれるというか、自分が思い感じることを素直に表現できる世界だと思うんです。だからこそ、私は自分の育児や人生を赤裸々に綴り、それに対する反応を頂けることに喜びを感じていました。

でも唯一、ブログじゃ書けないことがある。それは、ブログのことです。

授乳のおっぱい事情乳首をリアルにさらけ出すことは出来るのに…ですw

でも今日は、ブログの本音と現状をさらけ出そうと思います。

 

私のブログ・ヒストリー

 

ブロガーさんの前でブログの現状を包み隠さず話すことがどんだけ恥ずかしいか!きっと読んでくれる皆さんは気持ちを分かってくれると思います。顔が見えない世界なのに、格好つけたくなる。いい顔したくなる。そして、バカにされたくない。嫌われたくない。そんな思いでいっぱいです。

でも、どんな風に思われてもしょうがない。私はこんな人なのだ。

 

ブログを始めた当初

 

私は専業主婦であり、それなりに家事も育児も頑張っている。でも悲しいことに「お金を稼いでいない」ことに負い目を感じ、自分で自分を認めてあげる唯一の方法が「お金を稼ぐ」ことしか持ち合わせていないのです。

しかし未就学児2人を抱え、働きに出れない。そんな状況でもどうにかして少しでも稼ぎたい。そんな思いでブログを始めました。はじめは私のブログに来てくれる方が1人でもいるだけで奇跡だ!と喜んでいました。そして、「どんな記事を書けば稼げるのだろう」そんな基準で書いていたような気がします。

 

書きたい気持ちになれず、行き詰まる

 

そんな記事の書き方だと、何を書いていいのか分からなくなり、ブログを書くことがストレスとなっていきました。誰からもスターやブコメをもらえず、仲間もなく、孤独なブログ道です。

 

「好きなことを書こう!」と吹っ切れた

 

それから数カ月後。もういいや!と吹っ切れて、自分が楽しいと思える記事を書く方向にシフトしました。それがこちら↓

www.sobakasukarashimie.com

 

Twitterで初めて反応をもらえた時は本当に嬉しかったです。

ここから今の『もがきママ』っぽい形が出来始めたような気がします。

 

仲間ができ、成果も出て、楽しくなってきた!

 

ここからブログ上で交流する仲間ができはじめ、私も楽しみながら書くことができるようになり、良い流れが出来てきました。スマニューに載ることもあったり、アクセス数も増えてきたりとで、楽しくて仕方がなかったです。ほぼ毎日、コミックエッセイを書いていたような気がします。

 

連日投稿がストップしたら、すべてが激減した

 

しかし連日投稿が途絶えてしまった途端、アクセス数や収益が激減してしまったのです。もう、パタリ…って感じです。その時思ったこと。私は書き続けなくちゃ数字を稼げない、まるでマグロのようなブログを書いているのか!っと。ブログを始めたきっかけは『少しでも稼ぎたい』です。私が書くべきは消耗記事じゃなく、資産となる記事なんじゃないのか…?自分のブログの向き合い方を考え始めました。

 

スランプに陥る

 

そんな時、手を差し伸べてくれたブロガーさんがいました。こんな風に書けば検索流入がアップするかもしれないですよ、っと。ブログの壁にぶち当たっていた私に、何度も丁寧にアドバイスをくださり、具体的な方法を伝授してくれたにも関わらず、結局成果を出せず、申し訳ないことをしてしまいました。結果が出せない自分にさらなる自己嫌悪に陥り、もう何をどう書けばいいのか分からない、ブログを書くのが怖い。完全にスランプに陥ったのです。

 

2歳差育児をメインとしたブログへシフト

 

そこで、心機一転。2歳差育児をメインとしたブログ(厳密に言えば、2歳差育児とレジャーとおすすめに、もがきママの4本立て)に大幅リニューアルすることにしました。併せてタイトルも変更しました。全ては検索流入アップを期待してのこと。かなり忙しい時期に大変な思いをしながらの改造だったので、本当に大変でした…。

 

タイトル変更&Googleアプデでpv数激減

 

しかし、そんな時にGoogle神の一撃ですよ。タイトル変更した場合、アクセス数は下がると言われていたので覚悟はしていましたが、Googleのアップデートも重なり、何から何まで激減です。この現象は、単なる収益の減少だけでなく、ブログに対するモチベーションを完全にそいでいきました。そして残ったものは、ブログへの疑心だけ。どんなに努力してブログに向き合ったって、Googleの一撃でその努力と時間が水の泡になるなんて、そんな不確実要素が強いブログで稼ごうって考え方自体が間違っているんじゃないか…と真剣に思いました。

 

そして、今の私は、迷いながらここにいるわけです。

 

恥ずかしいけど、現状はこんな感じなんだ

 

アクセス数や収益の減少とか言ってますが、1年かけても全然稼げていないんです。月何万円も稼いでいる仲間がいる前で、こんな低い数字をさらけ出すのは本当に恥ずかしいんですが、1年続けても諭吉4枚も稼げていない。単月支払いなんて一度もないし、今はアクセス数も記事を更新すれば300ぐらい。更新できない時は200以下です。アドセンスも1日数十円。アフィリエイトなんて論外です。あぁ…恥ずかしい…

なのに、一つの記事に費やす時間は余裕で3時間はかかる。非効率の極みです。

 

「少しでも稼ぎたい」から始まったブログは、現状まったく機能していません。

 

 

自分が悪いのはわかってる

 

ブログ運営を軌道にのせるために、しなくてはならないことがまだまだあるのです。リライトだって全然できてないし、サチコの使い方やアドセンス の広告の効果だって分析したことがない。キーワード選定の難しさに挫けそうだけど、ここも乗り越えないとダメなんだ。下書きに溜まった記事だって何個もある。これらを早く形にするのだ。もっともっと検索流入を見込める記事を書けばいいのだ!

 

でもね、

 

やらなきゃ成功しないことを後回しにして、結局こういう感情をストレートに出せるような記事だったり、書いてて楽しくなってしまう記事の作成に取り掛かってしまうのです。稼げないブログにしているのは、完全に自業自得です。

 

踏みとどまるたった1つの理由は、ブログ仲間の存在

 

もう、本当に挫けそうだよ。

書きたい!面白がって書ける!と思える記事はお金にはならないんだよ。消耗記事ばかり増やしたって稼げないんだよ。だったら、違う稼げそうな手段に乗り換えてやり直すしかないんじゃないかと思うんです。私にはブログという手段は向いてないんじゃないかって。

でも、どうしても『やめる』を決断できない。

その理由はたった一つ。ここで出会い、交流するようになった仲間がいるから。同じように子育てをしながらでも頑張ってブログを書き続けている仲間の存在が、私を踏みとどませる。ほんとにそれが唯一の理由です。

すぐに挫ける私は、ブログやツイッターで弱音をよく吐くのですが、それを受け止め、励ましや優しい言葉をかけてくれる仲間にいつも救われています。見たことも会ったこともないけど、その人の心の温度は分かる気がするのです。

そんな仲間たちがブログを書き続ける理由は様々だと思うけど、みんながせっせと更新する姿をみるたびに、私だけブログを諦めるわけにはいかないよなと感じています。

 

そして今の私が出した決断

 

「稼ぎたい!」と言いつつ、まだまだやれていない部分が多すぎる。

正直、どんな方向性で書けばいいのか、いまだに悩んでいるのです。

 

育児の笑い話自分自身と向き合った話を書くと、Twitterやブコメの反応もいいし、読者数も増える。なんなら私も楽しい。しかし、検索流入は見込みづらい=マグロ・ブログ化が進む。

「稼ぐ」ことに重きを置くなら「人の役に立つ記事」の原点に戻るべきなのか。

 

私の場合、なにが正解なのか、自分でも分かりません(誰か教えてくれませんか…)。分からないまま歩き続ける不安こそが、継続することの難しさだと思います。

 

 ブログは迷いと不安と継続することの難しさを毎度毎度試練のようにぶつけてくる。でも、今はとりあえず1つずつ1つずつ、やるべきことをこなしていく。信じて書いていくしかないのかなと思っています。

 

とりあえず、更新がくるタイミングが1つの区切りかな。

その時の状況や心情と照らし合わせてみて、継続するか辞めるかをまた考えてみよう。それまでは、頑張って走り続けようと私は決断しました。

 

きっとまた、挫けて、弱音を吐いて、迷うんでしょうけど、その都度また決断して前に進んでいきたいと思います。