もがきママの2歳差育児な日々

東京在住の3歳男の子と1歳女の子のママが綴る2歳差育児奮闘記!想像以上に大変だった2歳差での子育ての中で感じる思いや出来事を赤裸々に綴っています。同じように2歳差育児で悩めるママへの情報発信も行っていきたいと思います!

【スポンサーリンク】

ヨーロッパ・バックパッカー体験談⑥ ~魔女の微笑み~

f:id:sobakasukarashimie:20190723001346p:image

こんにちは、ママ解放活動家のもがきママです!

最近、心がポキッと折れることがあり、普段は2歳差育児や専業主婦に関しての記事を中心に書いているのですが、心が回復するまで、しばし『好き勝手にブログを書く』習慣に入っています(^^;)

 

そこで、旧ブログ『そばかすからシミへ』の時に書いていた、検索流入は全然期待できないけど好きだから書いていたコミックエッセイ的な記事を再び書いてみようかなと思っています!

 

 

 

バックパッカーとしてヨーロッパを旅行していました

 

大学時代、ドイツ文学科の学生でした。

ドイツ語はからきしダメだったけど、ドイツの街並みや文化は好きだったので、親友と2人で、春休みにドイツおよび周辺諸国に旅行することにしました。

 

f:id:sobakasukarashimie:20190723001350p:image

 

でも、どうせ行くなら憧れだった高橋歩さんのように、バックパッカーとして当てのない旅に出たいと、往復の航空券だけもって出発しました。

 

▼人生ってこんなに自由なんだ!と思わせてくれる一冊。この他にも高橋歩さんの本はたくさん読んだな~▼

 今までの旅はこんな感じです↓

 

ヨーロッパ・バックパッカー 体験談① 〜グローバルを思い知る〜 - もがきママの2歳差育児な日々

ヨーロッパ・バックパッカー 体験談② 〜旅の洗礼を受ける〜 - もがきママの2歳差育児な日々

ヨーロッパ・バックパッカー 体験談③ 〜ドッペルゲンガーに会う!?〜 - もがきママの2歳差育児な日々

ヨーロッパ・バックパッカー 体験談④ 〜勉強はちゃんとした方がいい〜 - もがきママの2歳差育児な日々

ヨーロッパ・バックパッカー 体験談⑤ 〜旅先での優しさ〜 - もがきママの2歳差育児な日々

 

魔女で有名な街、ゴスラーでお買い物

 

グリム童話で有名なドイツは、街のあちこちに童話の世界が残っています。

旅先で訪れたゴスラーという街は、魔女で有名な世界遺産古都でした。

小物大好きな私達は、魔女やらグリム童話の関連グッズなど、お買い物を楽しんでいました!

f:id:sobakasukarashimie:20190723001316p:image

 

リュック一つで旅してるくせに、こんなに買ってどうすんのよー!

宿に戻ったらパッキング頑張んなきゃね~。


f:id:sobakasukarashimie:20190723001403p:image

 

電車に乗って、宿に帰ろう!

 

ゴスラーの街から宿のある街まで電車で帰ります。

そこそこ距離があるので、特急に乗ってかえるよ!

でも、荷物が多すぎて荷物置きに入りきらないよ~

 

「あっ、あそこ空いてるじゃん!入れさせてもらおう!」


f:id:sobakasukarashimie:20190723001358p:image

 

座席がほぼ埋まっている車内で、空いている荷物置きがあってよかった!

ラッキーだったね~!なんて安堵しながら、リラックスした時間を過ごしていました。


f:id:sobakasukarashimie:20190723001337p:image

 

特急列車が急カーブ!

 

すると、猛スピードで走る列車がカーブに差し掛かり、


f:id:sobakasukarashimie:20190723001333p:image

 

体が持ってかれるくらいにギュイーン!と急カーブしたのです!


f:id:sobakasukarashimie:20190723001320p:image

 

事件は起きた…

 

するとその反動で、荷物置きに置いていた、さっき買ったお土産たちが落下!

車内通路に散乱してしまった!!


f:id:sobakasukarashimie:20190723001342p:image

 

ヤバイ~(゚Д゚;)!!

 

I'm sorry !」を連呼しながら、慌てて荷物を拾う私達…。


f:id:sobakasukarashimie:20190723001407p:image

 

しかし、これで終わりではなかった…

 

I'm sorry !」が響き渡る静かな車内から、他にも何か聞こえてくるぞ…

 

なんか…

不気味な笑い声が…


f:id:sobakasukarashimie:20190723001311p:image

 

声の先に目をやると…

 

不気味な笑い声の正体とは

 

あっ!

さっき買った魔女の人形やんけ(゚Д゚;)!


f:id:sobakasukarashimie:20190723001323p:image

 

 

ギャー!!やばい!!

 

しかも、目から赤い光線を出しながら、「ヒィ~!ヒッヒッヒッ!」と不気味な声を出してあざ笑ってるじゃん…!あれも落ちたのか!

…ってか、あそこって誰かのテーブルの上じゃない!?

 

本気でヤバイ…(;゚Д゚)!


f:id:sobakasukarashimie:20190723001355p:image

 

すぐさま謝罪に向かう

 

急いで魔女が落下した席に駆け付けました。

そこには黒人の大柄な男性が座っている。

超強面じゃん!絶対にしばかれる…(T_T)!!

 

もう、これ以上ないってくらいに平謝りしました。

 

I'm so sorry !!

 

しかし、男性からは何のリアクションも返ってきません。

まじでハンパなく怒っているようです…

 

どうしよう、どうしよう…

 

車内にいる乗客たちは、私たちの動向に皆、注目しています。

この沈黙と重苦しい空気、そして周囲の視線をどうにかしたい~!

 

恐る恐る、反応のない男性に目をやってみると、

 

恐怖のあまり、固まっているやないかっ!

 

f:id:sobakasukarashimie:20190724035740p:image

 

そりゃ、固まるよね…

 

上から突然、魔女が降ってきたんだもん。しかも不気味な光線を放ち、驚く男性をあざ笑うかのように不気味な笑い声をあげ続ける魔女が、だよ…

 

なんつーもんを落としてしまったんだ…(゚Д゚;)!!

 

こんなサプライズ、大の大人だって腰抜かすよ…(T_T)

 

もう、重ね重ねで謝罪します!

本当にごめんなさい!!

 

ありがたいことに、男性から、「It's OK」と言ってもらえ、難を逃れました…。

優しい方で本当に良かった…(T_T)

 

旅は続きます…

 

謝罪の後、目的地に着くまでものすごく気まずかったのは、言うまでもありません…。

若気の至りと申しますか、周りの方々に迷惑をかけながらの旅は続きます…。

 

コミックエッセイ的なもの、他にもあります

 

私の過去記事の大半は、育児や私の過去を題材にしたコミックエッセイとなっています。箸休め的に読んでもらえたら嬉しいです!

 

育児系コミックエッセイ

 

私の人生系コミックエッセイ