そばかすからシミへ

そばかすからシミへ名称変更するように、女から2児の母へ華麗(?)なる転身をとげている主婦日記。なりたかったものは落語家。生まれ変わりたいのはアメリカ人。2歳男児と0歳女児の育児で毎日テンパりながら、自分らしく胸張って生きたいともがいています!何気ない日常やストレスも笑いに変えれるようにしたい!

【スポンサーリンク】

スマホでイラスト描くならこのタッチペンがおすすめ!

こんばんは、もがきママです!

最近ブログで、イラスト多めの小話記事をよく書いています。

イラストは全て iphone で描いており、タッチペンを導入してから数段に絵が描きやすくなりました。今日はそのペンについて書きたいと思います。

 

今までは指で書いていた

 

初めて絵を描いたときは指を使っていました。しかし、指では太い絵しか描けない。ご覧の通り、なかなか迫力のあるタッチとなってしまい、はっきり言って微妙でした。

 


 細く繊細でスマートな絵が描きたいな~っと思っていたら、中野マルコさん(id:nakanomaruko)の記事を読み、『絵を描くにはタッチペンを使うといいらしい!』と知りました。

 


知ってしまったらすぐに使いたくて仕方がない。ブログをチェックし、その後独自でネットリサーチをした結果、私はディスクタイプのタッチペンを購入することにしました。

 

ノック式タッチペン を購入

 

私が購入したのは、こちら ↓

オウルテック社のノック式タッチペンです!

 

f:id:sobakasukarashimie:20180804230521j:image

 

色もブラック・ブルー・シャンパンゴールド・シルバー・ピンクの5種類から選べます。先端は透明な円盤型のディスクタイプです。

 

f:id:sobakasukarashimie:20180804230544j:image

 

先端が透明な円盤なので、イラストを描くときでも描きたいところに狙って描きやすいのでかなり気に入っています!

 

また先端を広い角度で曲げられるので、どんな角度から描こうとも先端は画面にピタっと接地しているので安定して描くことが出来ます。

 

f:id:sobakasukarashimie:20180804230446j:image

 

そして、このタッチペンの最大の特徴は、ノック式でペン先を収納できるところ!

 

f:id:sobakasukarashimie:20180804230529j:image

 

これは地味だけど結構便利な特徴で、100均で売っているタッチペンはキャップ式が多かったのですが、小さい子供がいると知らないうちにこのキャップを口の中に入れている…なんて事も多く、心配の種でありました。

 

f:id:sobakasukarashimie:20180804230526j:image

 

しかし、ノック式に変えてからその心配の必要もなく、ペン立てに収納していても繊細なペン先を保護することが出来、格段に使いやすくなりました!

 

タッチペン自体も少し重みがあり、さらにアルミ全体にサンドブラスト加工という、光沢をおさえ砂でならしたような加工がされているので、とても高級感があります。

f:id:sobakasukarashimie:20180804230551j:image

肝心の使い心地はというと、筆圧機能はないものの、スラスラと伸びやかな線を意のままに描け、使っていてとても気持ちがいいです!おかげでイラストの腕前が上がった気分になれます(笑)

 

1点だけ気になるところ

 

メリットだらけでお気に入りのタッチペンなのですが、1つだけ気になるポイントがあります。

そこは、ペン先の耐久性

以前100均で購入したタッチペンは2カ月くらいでペン先の根元が折れてしまいました。使いすぎが原因だと思うのですが、いくら100円だとは言え壊れるのが早すぎるかなと思いました。

今回買ったペンのお値段は100均のおよそ15倍。耐久性も15倍以上あって欲しいと期待しています。

 

タッチペンを導入しようか検討中の方、おすすめですよ!

 

▼他にもおすすめしたいものはこちら▼

 

 

 



【スポンサーリンク】