そばかすからシミへ

そばかすからシミへ名称変更するように、女から2児の母へ華麗(?)なる転身をとげている主婦日記。なりたかったものは落語家。生まれ変わりたいのはアメリカ人。2歳男児と0歳女児の育児で毎日テンパりながら、自分らしく胸張って生きたいともがいています!何気ない日常やストレスも笑いに変えれるようにしたい!

【スポンサーリンク】

SEKAI HOTEL:客室は空き家?風呂は銭湯?大阪に街そのものを宿泊施設へと変えた、斬新で素晴らしいホテルを見つけた!

こんにちは、もがきママです!

今日は、珍しくお昼に更新です(^^)

というのも、今日のNHK『あさイチ』の特集は『脱帽!自由な大阪』でして、そこで紹介されていたホテルがなんとも斬新で素晴らしいコンセプトだったので、なるべく早く記事にしたいと思いました。

では早速、大阪らしい自由な発想の新時代ホテルを紹介します!

 

 

自由な発想のホテルって、どんなホテル?

 

ホテルと言えば普通、受付でチェックインして、指定された部屋に行き、朝食は指定された会場で頂く。お風呂は大浴場に行く。等、一連の動きを1つの建物の中で完結できますよね。

しかし、大阪にあるこのホテルは受付でチェックインしても、その建物にお部屋はありません。もちろん、朝食会場もなければ、大浴場もありません。

 

…でもあるんです。

近隣に!

 

チェックイン後、お客さんは受付から徒歩2~3分圏内に点在する客室へと移動します。客室と言っても、そこは閑静な住宅街にある昭和の雰囲気が漂う一軒家。

 

f:id:sobakasukarashimie:20180802131116j:image

↑このような街並みの中に、お部屋はあります(画像はHPより)

 

「えっ?ここが客室?ただの民家じゃん!」的な雰囲気ですが、それもそのはず。このホテルの客室は全て近隣にある空き家をリノベーションしたものなのです!扉の中には現代的でとってもおしゃれな空間が広がっています!

 

↓ お部屋の一例(画像はHPより)

f:id:sobakasukarashimie:20180802131100j:image

f:id:sobakasukarashimie:20180802131111j:image

どのお部屋もステキ!!

 

なんて素敵なお部屋なんでしょう!テンションあがります!

ここのお部屋は一棟貸しなので、気兼ねなく家族や友人と楽しい時間を過ごせます。キッチンや洗濯機、お風呂も完備なので、長期滞在の海外からの旅行客にも人気だそうです。お部屋によって人数制限はあるものの、大勢で泊まると1人あたりのお値段も安くなります♪

f:id:sobakasukarashimie:20180802131125j:image

f:id:sobakasukarashimie:20180802131139j:image

(画像はHPより)

 

コンセプトも素晴らしい!

 

素晴らしいのはお部屋だけじゃありません!

このホテルのコンセプトもいいんです↓

 

f:id:sobakasukarashimie:20180802131208j:image

私は海外旅行に行ったとき「現地の方と同じように、暮らすように過ごしたい」とよく思います。まさにこのホテルのコンセプトも同じ。地元の人・旅行客・地元のビジネスを巻き込んで、特別な経験を提供してくれています。

たとえば、朝食会場がない代わりに、近隣の喫茶店でモーニングが食べれたり、近所のたこ焼き屋さんでたこやきサービスしてもらえたり、大浴場の代わりに近くの銭湯を使えたりと、地域密着型の滞在を楽しむことが出来るのです!ここも外国の方から支持されている部分だと思います。

 

f:id:sobakasukarashimie:20180802131043j:image

f:id:sobakasukarashimie:20180802131047j:image

(画像はHPより)

 

このように、このホテルの最大の特徴は、街そのものを宿泊施設へと変えてしまったという点なのです!

 

このホテルの取り組みがすごい理由

 

旅行者に特別な空間で、忘れられない体験を提供してくれるだけでは終わらないのがこのホテルの凄いところ。その凄い点を挙げてみます。

 

1:空き家問題の解消

 

近年話題になっている空き家問題。日本全体で旅行者が増えているのに、ホテルは飽和状態。でも実際は空き家のように使われていないスペースが点在しています。

では、空き家を潰して新しくホテルを作ろう!っといっても、権利問題等もありますし、この土地でいえばこのような規制の問題もあります。

 

実はSEKAI HOTELのある西九条は古い一軒家が多く、空き家率が高いエリアである。にもかかわらず、建築基準法による「再建築不可物件」が多いのだ。建築基準法では、原則として建築物の敷地となる土地は、「幅4m以上の道路に2m以上接していなければならない」といった規定があり、それを満たしていない物件は、建築申請が通らない。そのため、取り壊して新築するのが難しく、大手のデベロッパーがホテルを開業するのが困難なのである。(週刊ダイヤモンド https://diamond.jp/articles/-/143802より)

 

しかし、新しく建築できないことを逆手に取り、問題化している空き家そのものをホテルにしてしまうことによって、宿泊施設不足と空き家問題をあわせて解決できるのです!

 

2:近隣店舗に人が流れるようにし、街のビジネスに利益をもたらす

 

高齢化が進む街では商店街がシャッター通りとなってしまったり、人の出入りが少なく寂しい街になっているところも多いと思いますが、このホテルは先ほど述べたように、希望すれば 朝食は近隣の喫茶店で、風呂は近隣の銭湯を使うことが出来るので(お部屋にはバストイレあります)、観光客を街へ呼び込む起爆剤の役目も果たしています。

旅行者にとっても地域の方々と同じ体験が出来ることは最高の思い出になります。近隣商店も人々の流れが入ることで利益が増えます。まさにwin-winの関係ですね!

 

3:街に雇用を生み出す

 

それだけじゃありません。このホテルは街に新たな雇用も生み出しているのです。

 

ホテルの運営に関してもユニークである。客室や道路の清掃業務は、障がい者施設の通所者が、週に2回行っている。インターンとして大学生や留学生も働いており、彼らが宿泊客に観光ガイドサービスを行っている。(週刊ダイヤモンド https://diamond.jp/articles/-/143802より)

 

新しいものが参入するとき、少なからず風当たりのようなものがあるかと思いますが、継続的な雇用を生み出すことで地域の方々の生活を直接潤し、つながりを強くし、ともに新しい街へと変えていこうとする意気込みが感じられます。

 

また支援の輪はここだけにとどまらず、宿泊料金のうち1泊あたり200円を途上国の就労、雇用、教育支援に当てているそうです。素晴らしいな~

 

 

では、最後に気になるホテルの概要です!

 

ホテルの概要

今回紹介したホテルは、【SEKAI HOTEL】です!

所在地:大阪府大阪市此花区西九条1-19-6

 

 JR大阪駅から電車で6分。USJのあるユニバーサルシティ駅から電車5分という立地の良い場所にあります。

 

f:id:sobakasukarashimie:20180802131053p:image

 

客室の価格はシーズンや部屋ごとに異なりますが、2万台~5万台といったところ。

夏休み中の空室もまだありました!

興味のある方は、是非行ってみてください(^^)

f:id:sobakasukarashimie:20180802153901j:plain

www.sekaihotel.jp

 

【スポンサーリンク】