そばかすからシミへ

そばかすからシミへ名称変更するように、女から2児の母へ華麗(?)なる転身をとげている主婦日記。なりたかったものは落語家。生まれ変わりたいのはアメリカ人。2歳男児と0歳女児の育児で毎日テンパりながら、自分らしく胸張って生きたいともがいています!何気ない日常やストレスも笑いに変えれるようにしたい!

【スポンサーリンク】

34.5℃の炎天下の中でイヤイヤ期の子供との外出はただの拷問だった。

こんばんは、もがきママです!

今日は本当に暑かったですね~

ほんと溶けるような暑さと言いますか、汗が瞬時に噴き出してきます。

こんな中での子連れの外出は、とても大変です。とくにイヤイヤ期の子となれば尚更です…

 

最高気温34.5℃の東京での話

 

もうすぐ3歳になる息子は動き回るのが大好きで、特にプールがお気に入りです。そのため春から週1回プール教室に通っています。

そして今日がその日でした。

 

朝から息子に「今日はプール教室の日だよ!」と予告を繰り返し、出かける心の準備をさせていました。息子も「はーい!イェーイ!」なんて言っちゃって、行く気満々です!

 

f:id:sobakasukarashimie:20180801160020p:image

 

しかしながら、ここはイヤイヤ期真っ只中の息子。

気分がコロコロ変わります。一筋縄には行きませんよ。

案の定、「そろそろ行くよー!」と声を掛けるも「ダメ!イヤ!ヤダ!」とありったけの拒否をぶつけてきました。


f:id:sobakasukarashimie:20180801160033p:image

 

「プール楽しいよ~!」「お友達も来てるんじゃない~?」

 

少しでも行くのが楽しくなるような言葉を探して息子を誘います。

しかし、言葉では全然太刀打ちできない。

よし、では物で釣ろう。

あらゆる物を提示した結果、今日は『長靴を履く』でおさまりました。

晴天だけど、いいんです。息子がこれで気持ちが上がるならこれでいいんです!


f:id:sobakasukarashimie:20180801160007p:image

 

やっと家を出ることが出来ました。

ざっくり20分くらいかかりました。

 

いよいよ、灼熱の外へ

 

プール教室までは自転車で15分くらいかかります。

なるべく日陰を選んで走り、熱風を浴びながらようやく着きました!

しかし、ここからが長かった…!

 

プール教室は3階にあるのですが、このビルにはまさかのエレベータがない!

ベビーカーや車いすの方々になんとも不親切なビルなのですが、事もあろうか炎天下の真昼間に、息子がこの階段下でイヤイヤし始めた…。

 

「プールまであともう少しだよ!頑張ろう!」

 

外に1秒でもいれば、汗が噴き出してくるような暑さの中、

息子のイヤイヤが止まらない!おさまらない!


f:id:sobakasukarashimie:20180801160001p:image

 

階段を上るだけだよ!お願いだから、歩いてくれ!!

祈るような気持ちで接します。

汗で化粧が溶け落ちる。

脇から汗が雫となって垂れてきた…。

 

そんな中、息子のイヤイヤがまさかのエスカレート!!

とうとう地面に寝転がり、手足をバタバタして、最大限のイヤ!を猛アピール!

 

私も負けられない!私だって必死です!

自分が暑くてたまらないのはもちろんだけど、おんぶしている娘が可哀そうでたまらない。プールの時間も迫っているし、焦ります!

 

もうなりふり構わず、息子の気持ちが切り替わるようなあの手この手を試します。恐竜のモノマネもしたし、変顔もした。ジュラシックパークの歌も歌った!

 

…でもダメだった。。


f:id:sobakasukarashimie:20180801155951p:image

 

結局、「ママがプールはいっちゃうからね!」の脅迫で、どうにか動き出してくれた…。本当に暑かった。時間にして15分~20分くらい。


f:id:sobakasukarashimie:20180801160015p:image

 

プール教室に来てもイヤイヤが止まらない

 

ようやくクーラーが効いた建物に入り、生き返ったのも束の間。

更衣室直前で息子のイヤイヤが再稼働!

 

「すぐそこだよ!!着替えたらプールだよ!絶対に楽しいよ!」

 

しかし息子にはどんな言葉も耳に入らない様子。

頑なにその場から一歩も動かない。


f:id:sobakasukarashimie:20180801160011p:image

 

……

暑い、イラつく、もう疲れた。

 

心がポキッと折れました。


f:id:sobakasukarashimie:20180801160024p:image

 

息子の気分の乱高下に、もう付き合ってられない!

ママだって人間だ!なんでも許してあげられるほどの包容力はない!

母なる海なんてものは今の私にはない!!!

 

「もう知らん!ママは帰る!勝手にしろ!!」っと息子の元から歩き去ろうとした途端、案の定、息子が「ママ、抱っこ~!」と泣きながら言ってきた。

 

f:id:sobakasukarashimie:20180801155955p:image

 

「でもママは〇〇ちゃん(妹)おんぶしてるし、重いから抱っこ出来ないよ」「頑張って歩いて!」

 

…の声は息子には届かず、泣き続ける。。

 

結局、根負けし、

14キロの息子を抱っこし、8キロの娘をおんぶしたまま、灼熱の中、3階分の階段をヨロヨロと降りたのでありました…(T_T)


f:id:sobakasukarashimie:20180801160750p:image

 

辛かった、そしてすごく疲れた…!!

プール教室にも参加できず、私は何のためにこんな暑い中、こんな思いをしたのだろうか?心と体をただただすり減らすだけの時間だったのか…?

 

ただでさえ、イヤイヤ期の子と向き合うのは気力も体力も必要なのに、こんな災害レベルに暑い中でのイヤイヤ発動は、ただの拷問でしかありませんっ!

 

さいごに

 

階段も転がらずに降りれ、無事に家にもつき、ホッと一息つけるかと思ったものの、次は娘の抱っこ攻撃です。。私への 拷問 修行は続きます。。。

 

▼イヤイヤ期のママの苦悩は他にもあります▼

 

 

www.sobakasukarashimie.com

 

【スポンサーリンク】