そばかすからシミへ

そばかすからシミへ名称変更するように、女から2児の母へ華麗(?)なる転身をとげている主婦日記。なりたかったものは落語家。生まれ変わりたいのはアメリカ人。2歳男児と0歳女児の育児で毎日テンパりながら、自分らしく胸張って生きたいともがいています!何気ない日常やストレスも笑いに変えれるようにしたい!

【スポンサーリンク】

『ママらしく』なんて取っ払え! もっと自由に生きてみようと思います(笑)

f:id:sobakasukarashimie:20180725013722j:image

こんばんは、もがきママです!

私事ではありますが、先日35歳になりました(^^;)

子供の頃は30歳なんておばさん、35歳なんて信じられないくらいの大人って感じでしたが、いざその年代になると大人だけどそこまで大人でもないなとも思います(笑)

実年齢と精神年齢のズレでしょうか(^^;)

 

35歳というちょっとしたキリのいい年齢を迎えるにあたり、自分を少し見つめなおしてみることにしました。

 

 

 今の自分

 

2歳と0歳の子供の育児に追われ毎日あくせくしていますが、この生活にもリズムが出来てきて、ここにきてようやく自分の身なりや生き方を振り返る余裕が出てきました。

今までは髪もボサボサ、爪もボロボロ。でもママだから仕方ないもん。逆にこれでいいんだもん、と思っていました。

しかし、都会に行くとヒールやピタピタのワンピースを着て闊歩しているママさんやネイルやアクセサリーもばっちしの、身綺麗にしているママさんがわんさかいる!

こんな人たち雑誌の中だけに存在するものかと思いきや、実在してました。。

そんな人たちを見ると自分が惨めな思いになって、「どうせ私なんか…」と今までの自分ならネガティブ意見を採用していたと思いますが、心と体に余裕がある今の私は違います。

そうだ!

私もなりたい自分になろう!っと決めました。

 

今までのママ像を取っ払う

 

誰に言われたわけじゃないけど、自分に刷り込まれていたママ像

 

  • 男の子ママだからスニーカー&パンツ
  • ネイルはしない
  • アクセサリーもしない
  • 髪は落ち着いた色味
  • 化粧も薄め
  • 子供優先、自分のやりたいことは後回し
  • ちゃんと夕飯は作る  

 

ざっとこんな感じのイメージを持っていました。そして、知らず知らずのうちに自分が持つ『良いママ像』に自分を縛り付けていました。

 

でもこれって正直、本来の自分じゃない。

中学を卒業してからすぐに髪を染め、高校生のころは金髪にしていました。ピアスも3つあけ、いつも赤いネイルをしていました。校則が緩い学校だったとはいえ、こんななりでも生徒会副会長なんてやっていたので、先生には問題児扱いされていましたが…。

私としては当時大好きだった漫画『天使なんかじゃない』の須藤晃をマネて、格好はやんちゃだけどやることはちゃんとやる!をモットーに生きていました。(お分かりの方、いらっしゃいますか(^^)?)

 

 今思うと、当時の私は自分がなりたい自分にまっすぐな生き方をしていたと思います。

すばらしい!

 

高校生のころから20年がたち、今再び『なりたい自分になる』を素直にやってみようと思います。

 

憧れは、アメリカ人!

 

私はセレブが大好きなミーハーなもんで、セントラルパークにいるようなおしゃれママに憧れています(笑)

 

f:id:sobakasukarashimie:20180725014130j:image

 

SEX AND THE CITY ももちろん大好きです!あの世界の中にいるような人になりたいです。生まれ変わったらアメリカ人になりたいと本気で思っています(笑)

 

 

海外の人って、人は人。自分は自分。ママだけど、私は私。みたいな考え方を持っている人が多いような気がして、そういう考え方に憧れます。

 

日本って『もういい歳なんだからさ~』とか『ママなんだからさ~』みたいな風潮が根強くあると思うんです。みんなが思う暗黙の理想像を押し付ける社会のような感じ。

まさに【教え込まれた強調性~(Chase the Chanceの歌詞)】って感じですよね、安室ちゃん!!

 

私自身も世間一般が考えるレールの上を歩く安心感はやはりあります。

安定そして貯金が一番大事だ!っという考えを持つ両親に育てられたため、ゴリゴリの右へならえの日本人です。

でも、そんな私だからこそ全く違う考え方で自由な生き方をしている人達に強く惹かれます。その象徴的シンボルが私にとって【アメリカ人】なわけです。

 

アメリカ人になりたいなら、まずはアメリカ人のような心意気で生きてみようじゃないか!

 

だから、髪もママに不似合いだとしても好きな色に染める!

爪にも真っ赤なネイルして、児童館に行く!

イケイケのサングラスもかけて、ママチャリで爆走します!

 

なりたかった職業は、落語家

 

子供の頃はなりたいものが1日でコロコロ変わるくらい色々とありましたが、成人してからなりたい!と思えた唯一の職業が落語家でした。

f:id:sobakasukarashimie:20180725014449j:image

立川志の輔さんの落語を聞いて、話術だけで何百人もの人々を笑わせ、泣かせるその姿に胸が熱くなったものです。こんな尊い職業があるのか!と衝撃を受けました。

 

さすがにOLとしての生活を捨てて弟子入りする勇気もなく、落語ファンでいることに落ち着きましたが、今でも何気ない日常を切り取り、面白おかしく話術で魅了する落語家さんを尊敬しています。

 

私もそんな話術がほしい!日常を笑いにあふれる小話に昇華させたい!

そういう思いをブログという場を借りて体現出来たらいいな。

なりたかった落語家さんのような視点を持ち続けたいな。

これもなりたい自分になる一歩。好きなようにやってみようと思います!

 

ブログでもう一つの人生を生きる

 

ブログとは使い勝手がいいもので、自分をそのまま映し出すことも出来れば、別人格を装うことも出来ます。

なのにブログ内での見られ方を気にしてしまい、「変なママだと思われたくない」とか「頑張っているママだと思われたい」とかチンケな思いをもって以前は書いていました。

匿名で自由な場なのにね。そこでも人の目の気にするのか!?って感じですよ、まったく。

 

せっかく表現の場を手に入れたのだから、着飾ることなく、等身大の自分で、なりたい自分をブログを通して育てていきたいと思います。

 

もっと自由に、自分らしく!

好きなこと、やりたいことをもっと素直にやろう!

 

このシンプルな考え方をモットーに、人生の後半戦へ突入したいと思います。

 

おわりに

 

今日のブログを読み返してみて思ったこと。それは、育児ブロガー コラボ企画『育児とわたしを考える。』を無意識のうちに意識しているのかな?ということでした。

www.tsumako.com

同じ子育て中の身として、大変興味のある企画でしたので、そこから刺激を受け、自分の生き方を振り返ってみようと思えたのかもしれません。

貴重なきっかけを頂け、梅つま子 (id:umet)さん、あえかさん (id:AEKA)、マキロさん (id:hayabusacoffee)に感謝です(#^.^#)

 

今日は文字ばっかりでした。

ただの心の声を最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

【スポンサーリンク】