そばかすからシミへ

そばかすからシミへ名称変更するように、女から2児の母へ華麗(?)なる転身をとげている主婦日記。なりたかったものは落語家。生まれ変わりたいのはアメリカ人。2歳男児と0歳女児の育児で毎日テンパりながら、自分らしく胸張って生きたいともがいています!何気ない日常やストレスも笑いに変えれるようにしたい!

【スポンサーリンク】

2歳児のトイレトレーニング近況報告⑥外出先のトイレで大失敗!男の子のおしっこに翻弄される!

2歳10ヶ月となった息子のトイレトレーニングの進歩状況が加速し、ほぼトイトレ完了と言えるところまで来ました!

 

イヤイヤ期の子に対しては(イヤイヤ期じゃなくても言えることかもしれませんが)、親がガミガミ言うのではなく、子供のやる気スイッチをいかに押すかが育児を円滑に進めるポイントなのかな〜とトイトレ を通して学びました(^^;)

その意味で、お漏らし覚悟で普通の布のパンツ生活にしたのは効果大だったと思います(^^) 嫌でもパンツに意識が集中し、トイレへの意識にも繋がったのかなと思います。

 

www.sobakasukarashimie.com

 

トイトレほぼ完了からの次のステップ

 

布パンツにしてから2か3日ほどでウンチやおしっこが出る前に「チッチ!」と事前申告ができるようになり、日中は普通のパンツをはいて過ごすようになりました。しかし、トイレに行くのは自分が用を足したい時だけ。私は、出掛ける前や食事後など、生活の節目節目にトイレに行って欲しいのですが、それは断固として拒否してきます。ここはイヤイヤ期全開の息子。そう簡単には折れません…

そんな息子と付き合っていると、外出先でも所構わず突然に「チッチ!」と言われてしまいます。そんな時に事件は起きました。

 

外出先で体験した、初めての補助便座なしトイレ

 

外出先で息子をトイレに行かせる時、今までは運良く補助便座があるトイレを使うことが出来ていました。

しかし、この日「チッチ!」と言われた場所のトイレには補助便座がなく、大人用の便器しかありませんでした。しかし、息子のタイムリミットは刻一刻と近づいています…。悠長なことは言ってられません!少しこわばりながらも、親子で初めて大人用トイレにトライしてみました!

 

失敗の連続からの大惨事

 

息子の突然の「チッチ!」コールを受け、慌てて息子を抱き上げてトイレに駆け込んだ私は、とにかく焦っていたのでパンツとズボンを足首まで下げずに、膝あたりにとどまらせた状態で、急いで便器に座らせました。

 

f:id:sobakasukarashimie:20180622223711j:image

 

便器の中に落ちないように息子を支えながら「間に合った〜!おしっこしていいよ〜!」と安堵しながらしゃがみこんだ途端、私の目の前に発車寸前の息子のおちんちんがあることに気付いた!しかも、こっち向いてる!

やばい!座る位置が手前すぎたんだ!

このままだと、かかっちゃう!!

どうしよう!!

 

f:id:sobakasukarashimie:20180622224010j:image

 

再び慌てた私は、発車口を下に向けようと、おもむろに息子のおちんちんを掴んだ。

また、それがいけなかった…!

勢いよく掴みすぎてしまったために、発車口がさらに上を向く形になってしまい、


f:id:sobakasukarashimie:20180622224005j:image 

 

私の顔面にジャストミート!!!


f:id:sobakasukarashimie:20180622224014j:image

 

…慌てた、慌てた!!

そして一瞬にして頭真っ白…。

 

息が止まるくらいのショック状態のなか、即座に発車口を下に向けたものの、パンツとズボンを膝の高さまでしか下ろしていなかったために、全てのおしっこが衣類にひっかかってしまった…。ジョボジョボジョボ…


f:id:sobakasukarashimie:20180622224018j:image

 

トイレに行けたのに、まるでお漏らししてしまったかのよう。そして私の顔は汗とは言い訳が出来ないくらいビショ濡れ。いくら可愛い我が子のおしっこだって、顔面はさすがにキツすぎる…。ってか、クッサ!!

 

初めての大人用便器の挑戦は信じられないくらい情けない姿で終わりました。。

 

大失敗から学んだこと

 

今回の大失敗から学んだことは多々あります。

 

・パンツ&ズボンは足首まで下げる

・便座の奥に座らせる

・おちんちんは優しくソフトに導く

 

この3点を守っているおかげか、その後は一度も失敗していません(笑)

 

いや〜しかし、おちんちんの力加減って繊細で難しいもんだわぁ〜

そんなこと、女子の私は今の今まで知りませんでした。。

息子を通して、おしっこの奥深さを学ぶのでした( ;∀;)

【スポンサーリンク】