そばかすからシミへ

そばかすからシミへ名称変更するように、女から2児の母へ華麗(?)なる転身をとげている主婦日記。なりたかったものは落語家。生まれ変わりたいのはアメリカ人。2歳男児と0歳女児の育児で毎日テンパりながら、自分らしく胸張って生きたいともがいています!何気ない日常やストレスも笑いに変えれるようにしたい!

【スポンサーリンク】

辛かった妊娠時のつわりで堪らなく情けなくなった話

(悪阻の記事なので、気持ち悪くなるような表現がいくつかあります…。ごめんなさい!)

 

悪阻がツライ…

 

2人目を妊娠している時、つわりが酷くとても辛い思いをしました。

常に食べてないと気持ち悪くなってしまう。でも、何か食べても結局吐いてしまう。これなら食べれる!といった食材も見つけられず、何を食べれば楽になれるのか、私はi一体何が食べたいのかも分からずに、ただただいつ下船出来るか分からない航海を耐えしので続けている。そんな状態でした。

 

その頃、実家から遠く離れた大阪に住んでいたので、頼れる人はゼロ。夫はもちろん会社に行かなくてはいけないので頼れない。ヘロヘロのゲロゲロ(失礼!)でも1人で育児をしなくてはなりません。

しかしながら、つわりでボロボロの私が出来ることと言ったら息を止めてオムツを替えること、外遊びに連れていけない息子へ泣く泣くYouTubeを解禁すること、気持ち悪すぎて料理ができないので息子への食事としてスティックパン(細長い菓子パン)を与え続けること…

って、これじゃ完全にネグレクト(育児放棄)じゃん(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

…っという事で、藁にもすがる思いで東京の実家へ息子と帰ることにしました。  

 

実家のトイレで起きた不幸

 

実家に帰り少しは気持ちに余裕が出来たものの、悪阻の症状は相変わらずで、トイレに篭り、トイレにしがみつき、トイレがお友達状態が続きました。

そんなある日のこと。

その日も相変わらず、トイレにかぶりつき、気持ち悪さと戦っていました。

 

f:id:sobakasukarashimie:20180619235845j:image

 

その日はなかなかスッキリせず、幾度となくトライするもうまくいかない。

気持ち悪さで意識が朦朧としてきたときに、突然、バコンッ!と頭に衝撃がっ!!

 

何者かに襲われた!

 

えっ!?何!?

 

激しい吐き気を落ち着かせながら、ヨロヨロと状況を確認してみると、私を叩いた犯人は心の友と信頼しきっていたトイレの蓋であったのです…。。

 

f:id:sobakasukarashimie:20180620000558j:image

 

そう、実家のトイレは最新式のトイレだったのです!

ヘロヘロ過ぎて微動だにしなかった私は、トイレに『誰もいない』と勘違いされ、最新式の自動的に閉まる便器の蓋に挟まれたのでした…。。

何ということ!?そして、何という無様な姿なのだろうか!便器の蓋にバカにされているようなこの情けない姿はっ!!

まさに、泣きながら吐き続ける私を嘲笑うかのような仕打ちに、悔しいやら、情けないやらで惨めな思いで一杯になりながら、頭にかぶさった便器の蓋をどかしたのでした。。

 

最新過ぎるのも良くないですね~。

皆さんも最新式トイレにはくれぐれもご注意ください(笑)

【スポンサーリンク】