もがきママの2歳差育児な日々

東京在住の3歳男の子と1歳女の子のママが綴る2歳差育児奮闘記!想像以上に大変だった2歳差での子育ての中で感じる思いや出来事を赤裸々に綴っています。同じように2歳差育児で悩めるママへの情報発信も行っていきたいと思います!

【スポンサーリンク】

離乳食♡パン粥の作り方。パン粉で作る簡単パン粥がおすすめです。

f:id:sobakasukarashimie:20180524125222j:image

 

こんにちは、もがきママです!

下の子の離乳食を面倒臭いと思いながらやっています(;^ω^)

1人目の時は律儀に大さじ小さじを気にしたり、いちいちグラムもはかって、手作りもして、神経質になりながら頑張っていました。(なのに全然食べてくれなくて大変悩んだものです…)

しかし、2人目の離乳食となると手抜きになるのはよくある話。そんな時に編み出した超手抜きの離乳食!パン粉を使ってパン粥を作ってみました!

 

 

パン粥がつまった!

 

10倍粥に慣れてきたので、パン粥を作ることにしました。経験された方は分かると思うのですが、ちまちま食パンをちぎって粉ミルクなどで煮て作るのですが、食パンを細かくちぎるって時間もかかるし、意外と面倒くさい。それでも出来るだけ頑張りましたし、ミルクで煮る段階でふやけるし大丈夫だろうと思っていたのですが、出来上がったものを確認すると、小さくちぎったはずのパンがミルクで煮たことによってなんだか大きくなってしまった…。スプーンで小さく切ろうと試みるも、ふやけたパンって意外と切れない。。ま、柔らかいし、いいか!と思い娘にあげてみたところ、やはり大きかったようで喉に詰まり、むせてしまいました…。

 

パンが細かくなっているもの=パン粉

 

その時からパン粥なんてもう作りたくないわ~と思ったのですが、様々な食材を経験する上でパンをここで諦めるのはまだ早い。パンが大きかったのがまずいんだ。どうやったら簡単に細かく出来るか…と考えていたら思いついたのです!パン粉ってパンが粉砕されてるやつじゃん!!っということで、パン粉からパン粥を作ってみることにしました。

 

作り方と注意点

 

【材料】

・パン粉

・粉ミルク(今回はホワイトソース使用)

具材として、にんじん、ツナ(お好きな具材で♪)

 

f:id:sobakasukarashimie:20180524125145j:image

 

ここで、注意点

パン粉は油で揚げていないものを使用すること。

 

時に、パン粉はすでに揚げてあるものが売られていますが、赤ちゃんには油は少し早いので油を使用していないものを選んで下さい。

 

f:id:sobakasukarashimie:20180524125153j:image

↑パンを作って、粉砕して、乾燥!

 

f:id:sobakasukarashimie:20180524125159j:image

↑油は使用していません。

 

↓ちなみに、パンの『超熟』の成分はこんな感じ。

f:id:sobakasukarashimie:20180524125204j:image

 

ちなみに、パン粉の方には【イースト】の表記があり、超熟には【イーストフードは使っていません】とあります。一瞬、「あれ!?体に悪いものがパン粉には入っているのか!?」と思ってしまいますが、イーストとイーストフードは名前が似ているけれども、まったく別の物だそうです。簡単に言うと、イーストはパン作りに欠かせないもので、イーストフードは添加物だそうです。詳しくはこちら↓

イーストとイーストフードの違いご存知ですか? | クスパ

 

【作り方】

 

では、サクッと作り方を説明します。

 

①パン粉に水を入れてふやかし、レンジで30秒チンする。水の量は1:1ぐらい(テキトーで)

f:id:sobakasukarashimie:20180524125208j:plain

 

②おかずのにんじんとツナもチンして解凍し、①と混ぜる。

f:id:sobakasukarashimie:20180524125212j:image

 

③ホワイトソースと混ぜて、完成!

f:id:sobakasukarashimie:20180524125222j:image

 

すでに細かく粉砕されているパン粉だからできる完璧な大きさ!いちいち、ちぎらなくても良いし、好きな時にパン粥が作れ、ソースを変えればバリエーションも増えちゃいます!

楽ちんだし、娘も詰まらせることはないし、我が家の定番メニューです(^^)

 

…でも、やっぱりちょっと心配?パン粉ってそのまま食べてもいいわけ?

 

うちの子は大丈夫でした(^^;)

各ご家庭の判断のもと作ってみてくださいね!