そばかすからシミへ

そばかすからシミへ名称変更するように、女から2児の母へ華麗(?)なる転身をとげている主婦日記。なりたかったものは落語家。生まれ変わりたいのはアメリカ人。2歳男児と0歳女児の育児で毎日テンパりながら、自分らしく胸張って生きたいともがいています!何気ない日常やストレスも笑いに変えれるようにしたい!

【スポンサーリンク】

赤ちゃんが転倒!我が子が負傷した体験談

娘もぼちぼち8ヶ月となります。

だいぶ一人座りも上手になり、一人遊びも出来るようになってきました。

息子のおもちゃをいじったり、カミカミしたり、1人で楽しんでいてくれるとこちらも家事がはかどり助かります!

 

f:id:sobakasukarashimie:20180515120818j:image

 

一人遊び時に気を付けていたこと

1人で遊んでくれている時、特に注意するのが娘の周りに危険なものはないか。特に息子の小さいおもちゃなどは誤飲の危険があるので目を光らせています。後は、遊びに夢中になって後ろにバタンと倒れてしまうこともあるので、倒れてもいいように毛布やクッションを置いておきます。これが私が考えるリスクヘッジなのですが、まだまだ甘かったようです。

 

事故は予想を超えてやってくる

自分が思う危険回避を施したのち、いつも通りに家事をしていました。娘もご機嫌に息子の積み重ねて遊ぶコップをガジガジしながら楽しんでいます。

そんな時に突然、バタン!

ギャーーー!!

と娘が倒れ、泣き出しました。

家事の手を止め振り返ると、娘は前方に倒れ泣いていました。後ろに倒れるとばかり考えていたので、前方はノーガード。とはいえ、いつもは前に手をつくので泣くほどの転倒はないのですが、今日はやけに激しく泣きます。「おかしいな?」と涙と髪の毛をかきわけて娘の顔を見てみると、なんと目の周りに派手に青タンができているではないか!!

f:id:sobakasukarashimie:20180515122908j:image

あーーー!やってしまったー!!

これは痛そうだ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

「ごめんね、ごめんね、痛かったねー!」と言いながら、娘と私の心を落ち着かせました…

痛々しい青タンをみると、ただ床(プレイマットを敷いている)に顔をぶつけて出来たものでは無さそう。。もしかしたら、さっきまでガジガジしていたおもちゃのカップを噛んだまま倒れて、それが顔にぶつかって出来たのかもしれません。

正解は分かりませんが、安全だと思っていたおもちゃがこうやって怪我のもとになったりすることもあるんだなと思ったのでありました。

 

やはり目を離してはいけないを実感

 

こんなシンプルな転倒でも、打ち所が悪かったり、持っていたおもちゃの性質で派手な怪我をしてしまうのですから、やっぱり目を離してはいけないんだなと改めて実感しました。

 

www.sobakasukarashimie.com

 

でも、目を離さないと何にも出来ないのも事実。四六時中、子供を見ていることは不可能だし、家庭も回らなくなってしまいます。それに、どんなに気を付けていたって怪我や事故は想定をはるかに超えたところからやってくることだってある。だから、想定される危険をいかに排除出来るか。怪我や事故の確率をいかに0%に近づけることが出来るかどうかが親として気を付けてやらなきゃいけないところなんだと感じました。

 

それにしても痛々しい青タン…。

夫が「女の子なのに、可愛いお顔がかわいそう…。痕に残らないかな~。病院行かなくて大丈夫かな~」っとオロオロしてる。

息子が怪我した時なんか「ツバつけときゃ大丈夫だよ」なんてしれっと言うくせに、女の子だとこんなにも態度が違うのか!?

夫の知らなかった一面にも触れた出来事でした(^^;)

【スポンサーリンク】