そばかすからシミへ

そばかすからシミへ名称変更するように、女から2児の母へ華麗(?)なる転身をとげている主婦日記。なりたかったものは落語家。生まれ変わりたいのはアメリカ人。2歳男児と0歳女児の育児で毎日テンパりながら、自分らしく胸張って生きたいともがいています!何気ない日常やストレスも笑いに変えれるようにしたい!

【スポンサーリンク】

【イヤイヤ期】羽交い締めだった歯磨きがスムーズに出来るようになった我が家の方法

先日、2歳の歯科健診がありました。大人しく診察台に乗ってくれ、これまた先生の「あーの口して」「いーの口して」の指示にもちゃんと従えて、息子の成長に感動してみたり(笑) 健診の結果は虫歯もなく、無事にクリア!良かったです!

ちなみに子供の虫歯になりやすい箇所はなんと上の前歯4本なんだとか!そこって虫歯になるの⁉︎って思いましたが、そうらしい…。なので、愚図って歯磨きしてくれない!って時は上の前歯4本だけやれば最低限クリアだそうです。知らなかった〜

 

羽交い締めだった歯磨きはストレスでしかない

 

本題に戻りますが、今となっては素直に歯磨きをしてくれる息子ですが、数ヶ月前までは羽交い締めにしながら力づくでやっていました。

f:id:sobakasukarashimie:20180418160950j:image

息子はイヤイヤが激しく力も強いので、暴れる子を押さえながらの歯磨きは本当に大変でした(T_T)「ママが怖い顔しながらやるから嫌がるのよ〜」なんて言われたりもしたので、笑いながら楽しげな歌を歌いながら明るく楽しくをモットーとしていましたが、やってることは羽交い締め。目は笑っていません。。こっちの方がよっぽど怖かったかもしれませんね…

親子共々ストレスになっていた歯磨きの時間を力任せではなく、いかにスムーズにやるか。あらゆる方法を調べ、策を講じて、今では自分からゴロンと寝転がり、嫌がることなく歯磨きをさせてくれるようになりました。そんな我が家の方法をご紹介したいと思います。

 

今回もイメージ作りから

 

トイトレの時もそうでしたが、まずは歯磨きのイメージ作りから始めました。

www.sobakasukarashimie.com

 『おかあさんといっしょ』の中で毎週火曜日にやっている『はみがきじょうずかな』のコーナー(3歳ぐらいの子たちが歯磨き&ママが仕上げ磨きをするコーナー)を録画し、数人分たまったらそのコーナーだけを集めた動画を作ります。それを息子と見ながら、ひたすら番組に出ている子を「歯磨き出来てすごいねー!」と褒めまくる。

f:id:sobakasukarashimie:20180418151236j:image

息子の「僕だってできるもん!」的な気持ちを刺激するのです(笑)

さらに、歯磨きから仕上げ磨き、口ゆすぎまでの一連の動作のイメージが作りやすいので、やる気にさえなってくれればこっちのものです。

 

ご褒美を用意する

 

トイトレのご褒美はシールですが、歯磨きのご褒美は、こちらを用意しました。

f:id:sobakasukarashimie:20180418151815j:image

口内バランスタブレットDC+です!

これは、虫歯の原因を作るプラークに効果的で、歯磨き後に食べることによって虫歯になりにくい口内環境を作るというもの。

これを何種類か用意して、歯磨きのご褒美として好きな味を食べさせています。これを食べたさ一心で歯磨きを素直にやらせてくれるようになりました!

虫歯予防に効果的なようだし、すんなり歯磨きさせてくれるし、一石二鳥の優秀アイテムです!

 

番外編

 

歯磨きをしてくれずに悩んでいた頃、市の歯磨き講座で会った先輩ママさんから聞いたことなのですが、歯磨き嫌いの子が一瞬で素直に歯を磨かせてくれる魔法のアイテムがあるとか!それは、電動歯ブラシを使うこと!あの振動が面白くて歯磨きをやりたくなっちゃうんだとか。実際に息子に試したところ、面白いほどに口をすんなり開けてくれて歯磨き出来ました!しかし、魔法はいつかは解けるもので、我が家の場合は1週間ぐらいで再び嫌がりました…。でもハマる子はハマると思いますので、使ってみるのもアリですね!今ではカラフルに光る電動歯ブラシもあるので、子供も楽しくなっちゃいそうですね!

おわりに

 

子供の歯磨き問題は親にとっても悩みのタネですね。毎日のことですから本当に大変です…。でも、あの手この手でうまくいくこともありますし、時間とともに子供も成長し、いきなりスンナリ歯磨きをやらせてくれるようになることもあると思います。気長に根気よく、そしてゆる〜く頑張って行ければいいですよね。ママさん一緒に頑張りましょー!

【スポンサーリンク】