そばかすからシミへ

そばかすからシミへ名称変更するように、女から2児の母へ華麗(?)なる転身をとげている主婦日記。なりたかったものは落語家。生まれ変わりたいのはアメリカ人。2歳男児と0歳女児の育児で毎日テンパりながら、自分らしく胸張って生きたいともがいています!何気ない日常やストレスも笑いに変えれるようにしたい!

【スポンサーリンク】

授乳ケープは必要ない! 授乳ケープをなくしたら、とっても楽チンでした!

【2018/10/16 更新】

 

育児論って10年もたつとガラリと変わってしまうものも多く、昔の常識は今の非常識だったりもします。10年たたなくても、たった2年前の子育て時にはほとんど見なかった授乳方法に最近出会い、驚きました!

 

 

2年前の授乳方法

 

2年前(2016)は授乳室以外での授乳の際は、ケープを使って行っていました。こんなタイプのケープです。まわりの友達はみんなこのような授乳ケープを産後すぐに購入していました。

授乳服を買っている子もチラホラ。たしかに、胸元にチャックが開いている授乳服があれば、前開きのシャツ以外の服も着れるので服のバリエーションが増えますよね!

現在の授乳方法

 

先日、授乳真っ最中の子育てをしている20代のママさんたちと出会う機会があったのですが、みんな授乳服もケープも持っていなかったんです!では、どうやって授乳していたのかというと、自分の服の中に子供をいれて授乳していたのです。シンプルでスマートで目から鱗。その手があったか!授乳概念が変わりました。

 

実際にやってみた

 

百聞は一見にしかず!新しい授乳の仕方に挑戦してみることにしました(^^)

やり方なんてないようなもんですが、ザックリとした服の中に子供をいれて、その中で授乳するだけ。

正面はこんな感じです↓

 

f:id:sobakasukarashimie:20180411115544j:image

 

↓横からの図

f:id:sobakasukarashimie:20180411115458j:image

 

今の流行&体型隠しの洋服のシルエットの影響もあってか、手持ちの服はみなザックリしたものばかりなので、十分にケープの役割を果たせました。しかも、ケープのように風でめくれないかと心配する必要もなく、全方位で守られている安心感がありました(^^)←授乳ケープだと横・後ろが守られていない感覚が少しあるので… 

 

授乳の際にも活躍するママ向けファストファッション!

 

ちなみに今回着ていた便利なお洋服は、以前記事にしたこちらのお洋服です↓

 

 

流行もおさえていて、可愛くて、大きめのサイズもあるママに嬉しいファストファッションブランドです!ここにはザックリとしていても女性らしいトレンドアイテムが豊富にありますよ~!

 

通販サイトだと種類も多数あり!

 

このブランドは通信販売もやっていますよ!(#^^#)

種類も多数で、可愛いママを目指せるステキな洋服ばかり!是非チェックしてみてください(*^▽^*)

 

 

産後のママにとって有難いザックリとしたお洋服は、体型隠しだけじゃなく授乳時にも優しいアイテムでした☆

育児は進化する!目から鱗の授乳方法と出会ってそんな事を感じました♡

【スポンサーリンク】