そばかすからシミへ

そばかすからシミへ名称変更するように、女から2児の母へ華麗(?)なる転身をとげている主婦日記。なりたかったものは落語家。生まれ変わりたいのはアメリカ人。2歳男児と0歳女児の育児で毎日テンパりながら、自分らしく胸張って生きたいともがいています!何気ない日常やストレスも笑いに変えれるようにしたい!

【スポンサーリンク】

【イヤイヤ期】子育てで感じる母の虚しさ。

最近本当に食べてくれない。

ビジュアルを可愛くしたり、楽しい雰囲気を演出しているにもかかわらず、お気に召さなければ一口も食べてくれないのです。

 

麺類は食べてくれるけど、乗っかっている野菜や肉は絶対に食べない。

パンだって食べムラがある。

ご飯やおかずに何か混ぜてもバレる。

隠して混ぜてもバレてしまう。

なんていうセンサーだっ!

 

母は日々この高感度センサーと戦っているのです。

今じゃ食べてくれるものは、米・麺類(炭水化物)、玉子焼き(タンパク質)、牛乳(タンパク質・脂質)とお菓子だけ。

前はもっと食べていたのに、今は食べる気がないのか、頑なに食べるのを拒む。

親としては好きなものだけ食べさせるわけにもいかない。

色んな食材をバランスよく食べてほしいから、好きなもの、そうじゃないものも献立に組み入れるけど、結局食べたくないものは残してしまう。

 

心なしか、最近痩せたような気がする。

身長が伸びたから?

ただただ栄養が足りてないから?

 

親としては、不安。

エネルギーを補給することを重要視して好きなものだけだとしても食べさせることを優先するべきか。

それとも、食わず嫌いは一過性のものとして様々な食材を食卓に出すことを優先すべきか。

正解ってあります?

どうすることが一番良いのか分からなくて悩んでいます。

 

そんな中、息子からの嬉しいリクエスト

 

今日珍しく、ピザのおもちゃで遊んでいた息子が「ピザを食べたい!」とリクエストをしてくれた!

久しぶりの食べたい意欲に嬉しいっ!

早速、即席ピザトーストを作るから待っててね!

 

f:id:sobakasukarashimie:20180305140734j:image

 

おもちゃのピザとピザトーストを並べて見せ、「おんなじだよー!」と声掛けし息子にどうぞと差し出す。

 

期待で胸がワクワク♡

喜んでくれるかな!?どんな顔して食べてくれるかな!?

 

 

しかーし

息子はピザに目をやるものの、即座に仰け反り、泣き出し、食べるのを拒否した。

 

一気に疲れと虚しさが押し寄せる。

あぁ、まただ。せっかく作ったのに。。

 

こんな事は日常茶飯事だ。

離乳食の時もそうだった。頑張って裏ごししたり、丁寧に手作りしたものを一口も食べてくれない時、すごく虚しく感じたもんだ。

一方的な想いというか、こんなに息子を思って作っているのに、期待通りの反応がもらえない寂しさというか。。

 

育児なんて思い通りにいかないものだって分かってる。

母の愛は海より深い無償の愛であることは確かなんだけど、それでもやっぱり何らかの手応えがないと母でもずっとは頑張れない。

 

最近手応えを感じれることが少ない。

イヤイヤ期は第一次反抗期と言うが、反抗の態度もダイナミックすぎて虚しさ、寂しさ、無力感。そして、もういいやと無気力感に襲われる。

 

いつかはこの悩みも笑い話になる?

こういう日もあったねと懐かしく笑える?

 

母は早く笑い話にしたいんだよ。

ママだってなんでも包み込んであげられるほど、懐は広くないんだよ。

だから、お願い!

ママの心の栄養のためにも10回に1回ぐらいは明るい反応をちょーだい!

ママもまだまだ、ママ2歳なのよ?

だから、もうちょっと手応えちょうだいね。

 

 

…なんて、寝ている息子へ語りかけても、届かないか(T_T)

 

 

【スポンサーリンク】