もがきママの2歳差育児な日々

東京在住の3歳男の子と1歳女の子のママが綴る2歳差育児奮闘記!想像以上に大変だった2歳差での子育ての中で感じる思いや出来事を赤裸々に綴っています。同じように2歳差育児で悩めるママへの情報発信も行っていきたいと思います!

【スポンサーリンク】

手を繋いでくれない2歳児に効果抜群だった対処法!

f:id:sobakasukarashimie:20180216222702j:image

こんにちは、2歳差育児ブロガーのもがきママです!

我が家のやんちゃ2歳児は、とても活発で暴れん坊。そのくせ手を繋いで歩いてくれないので、お散歩は毎回ヒヤヒヤもんでした。

そんな息子が、ちゃんと手を繋いで歩くようになってくれた効果抜群の方法をご紹介します!

 

 

2歳イヤイヤ期は手をつながない

 

じっとしているのが苦手なわんぱく息子。

イヤイヤ期に入り、自分が出来ること、やりたいことへの思いを明確に主張するようになり、最近の主張はと言うと「自分で歩きたい!」というもの。

しかし、いざ歩かせると一人で歩きたいから手は繋ぎたくない。

そのくせ突然走り出すし、フラフラよそ見しながら歩くから人や物にぶつかる。

そんな感じなので、一人で歩かせるのはとても危険です!

まじでストレス…

夫がいる場合は、監視役として息子を見張ってくれますが、私一人しかいない時は、下の子を抱っこしているので俊敏な動きが取れないので、どんなに要求されてもベビーカーから降ろしません。

 

他のお子さんは手を繋いでいるのに…

 

しかしながら、よく街中で見かける親子連れってみんな上手に手を繋いで歩いてる。
暴れ出すことも、走り出すこともなく、ママの横をしっかりと手を繋いで歩いてる。

 

なぜだ!?

なぜそんな事が出来るのか!?

どこかで練習でもしてるのか!?

それとも、生まれながらにして出来るものなのか!?

我が家にとって信じられない光景すぎて、頭の中は「?」でいっぱいです!

 

2歳半、そろそろ手を繋がないは卒業してほしい

 

でも、息子もそろそろ2歳半になるし、一人で歩く練習も必要かな、と思い始めていた矢先、教育テレビでやっている『すくすく子育て』で、手を繋いで歩くための裏ワザをやっているではないですかっ!

 

こりゃやるっきゃない!

早速、我が家でも取り入れることにしました!

 

手を繋いでくれるようになるアイテムの作り方!

 

作り方はすごく簡単!材料も100均で用意できます!

 

まずは、100均の手芸コーナーで、鞄の取っ手と、物をくくるためのマジックテープがついたゴムを購入↓

f:id:sobakasukarashimie:20180216222509j:image

 

 マジックテープ付きのゴムはこんな感じです。トラベルコーナーにありました。

f:id:sobakasukarashimie:20180216222539j:image

 

このゴムを、輪っかに通しただけでございます(^^;)

f:id:sobakasukarashimie:20180216222617j:image

 

番組でやっていたものは、電車のつり革に似せた立派なもので、パパがせっせと裁縫して作っていましたが、面倒くさがりやの私は針と糸は使いたくない(^^;)

なので、あんな感じで完成としました(笑)

 

このアイテムの凄いところ!

 

取っ手をお互い持つことで、手を繋ぐ代わりとします。

電車ごっこをしている楽しさを感じながら使うことができるので、子供も抵抗なく、掴んでくれました!

f:id:sobakasukarashimie:20180216222640j:image

 

実際に手を繋いでいるわけではないのですが、このアイテムがあるおかげで

  • ママの側を歩く練習
  • 突然の走り出しを制限

することができるので便利なのです(^O^)

 

実際に、外でつかってみた!

 

チャンスは突然やってきた!

いつ息子が「一人で歩きたい!」と言ってもいいように、アイテムをベビーカーにつんでおいたのですが、おもむろに息子が「歩きたい!」と主張し始めた!

 

でも、今日は私一人…

どうしよう、交通量も多いし、走り出したら制御する自信ない。

でも、この子のやる気を尊重してあげたい。。

 

悩んだ挙句、出した結論は、

 

息子を信じる。

 

他のご家族にとっては、ベビーカーから降ろして歩かせる程度のことに、「大袈裟だな〜」と感じるかもしれませんが、イヤイヤ期のわんぱく息子の場合だと、本当に行動が読めないっ!数秒足りとも目が離せないので、もうドッキドキなのです。

だからこそ、そんな子を安全地帯のベビーカーから出すことは、とても勇気がいる行為なのです。

 

でも、信じると決めた!覚悟も決めた!

 ベビーカーから降ろす前に、息子にしっかりと言い聞かせました。

 

「電車ごっこの輪っかを繋ぐなら、歩かせてあげる。繋がなかったら、歩くのはおしまいだよ。」と。

 

ちゃんと、「うん。」と返事も出来たので、いよいよ出します!

 

効果抜群だったよー!

 

うわぁ〜!!!

ちゃんと輪っかを掴んで歩いてくれた(泣)!

 

f:id:sobakasukarashimie:20180216222702j:image

 

途中何度か手を離す場面があったものの、ちゃんと持ち直して歩いてくれました!

こんな、こんなちっぽけな事でも私にとっては大きな悩み事の一つだったので、ものすごく感動しました!!

そしてなにより、ちゃんと言い聞かせた約束を守ってくれた息子の成長を感じ、親としてグッときました。

 

成長できる機会を与えてあげたい

 

私は出来ないところばかりに目がいってしまって、息子が出来るようになるとさえ思えていなかったこと。出来るようになるための機会を与えていなかったことに気づかされ反省しました(T-T)

このアイテムのおかげで、息子の可能性(ちょっと大袈裟だけど)をちゃんと信じてあげようと思いました。

それにしても、手は繋ぎたくないけど、輪っかなら繋ぐってどーゆーことよ(笑)ママの手って繋ぎたいもんじゃないの!?

嬉しさと、寂しさもちょっぴり感じる一日でした(^^;)

 

 2歳児の子育て記事はこちらです↓

 

▼2歳差育児中じゃなくても、このポイントさえ押さえれば、ママが楽できる幼稚園選びは失敗しない!▼