そばかすからシミへ

そばかすからシミへ名称変更するように、女から2児の母へ華麗(?)なる転身をとげている主婦日記。なりたかったものは落語家。生まれ変わりたいのはアメリカ人。2歳男児と0歳女児の育児で毎日テンパりながら、自分らしく胸張って生きたいともがいています!何気ない日常やストレスも笑いに変えれるようにしたい!

【スポンサーリンク】

妊娠・出産

私のくたびれたおっぱいを讃えようと思う 〜授乳で崩れ垂れた胸へのラブレター〜

こんばんは、もがきママです! 先日、ハッとした瞬間がありました。 毎日毎日見ているはずなのに、今まで見えていなかったものが見えた瞬間。 ある意味ホラーです。 お風呂上りに見えてしまった それはお風呂上りでの出来事。 いつものように慌ただしく子供…

出産祝い・誕生日プレゼントの新時代ギフト【ペチャット】!絶対おすすめしたい贈り物【2018】

こんばんは、もがきママです! 今日は出産祝いやお誕生日プレゼントの新定番になるんじゃないかと思われる、夢のある素晴らしいギフトを紹介したいと思います! 心を通わせる、おしゃべりボタン【ペチャット】 基本的な楽しみ方 会話だけじゃない!読み聞か…

辛かった妊娠時のつわりで堪らなく情けなくなった話

(悪阻の記事なので、気持ち悪くなるような表現がいくつかあります…。ごめんなさい!) 悪阻がツライ… 2人目を妊娠している時、つわりが酷くとても辛い思いをしました。 常に食べてないと気持ち悪くなってしまう。でも、何か食べても結局吐いてしまう。これ…

これさえあればマタニティ服は不要!大きなお腹を隠す、おすすめアジャスター2選

私は1人目・2人目ともに妊娠時に15キロも太りました… 見た目の巨大化もなかなか迫力があり、お腹も前にグンと突き出ていたのですれ違う人々が二度見していくことも多々ありました… そんな私ですが、マタニティ服は買いませんでした!夏の出産だったのに…

えっ!〇〇食べちゃうの⁉︎ 助産院での出産はまるで異次元だった!体験談とメリットとデメリットも

出産という神秘的な瞬間を迎えるにあたり、どのように産みたいかを考えるのがバースプランです。 ひとえに出産と言っても、無痛分娩や水中出産など産み方や考え方は様々ですが、最近、私の周りでは助産院で産むことを希望する人が増えています。医療設備が整…

【スポンサーリンク】