そばかすからシミへ

そばかすからシミへ名称変更するように、女から2児の母へ華麗(?)なる転身をとげている私のもがき日記。2歳男児と0歳女児の育児で毎日テンパってます!

【スポンサーリンク】

えっ!〇〇食べちゃうの⁉︎ 助産院での出産はまるで異次元だった!体験談とメリットとデメリットも

出産という神秘的な瞬間を迎えるにあたり、どのように産みたいかを考えるのがバースプランです。

f:id:sobakasukarashimie:20180525170910j:image

ひとえに出産と言っても、無痛分娩や水中出産など産み方や考え方は様々ですが、最近、私の周りでは助産院で産むことを希望する人が増えています。医療設備が整った病院ではなく、あえて助産院での出産を希望する理由とその体験談が驚き過ぎたので記事にしてみようと思います。

 

助産院が選ばれている理由

 

理由と言っても人それぞれだと思いますが、私の友人たちは皆ほとんど次の理由で助産院を選んでいました。

 

① 上の子も一緒に泊まれる or すぐ退院できるから

 

実家と疎遠であったり、イヤイヤ期真っ只中の子供を両親に預けるのは忍びないと言った理由から助産院を選ぶ人が多いです。

全ての助産院で対応しているわけではありませんが、陣痛〜退院までずっと家族同伴でいることが可能な所もあります。(少なくとも陣痛〜出産までの間、家族同伴でいれる。)なので、上の子を面倒見てくれる人がいない場合、上の子と一緒に入院生活を送れるのはとても有り難いですよね!一緒に入院出来ない場合でも、体調が良ければ当日ないし翌日には退院できるところが多いので、子供を親に預けてもすぐに帰れるのでママも子供も安心できますね。もちろん、早期退院しても自宅まで産後のチェックに来てもらえるそうなので安心です。

 

② より自然な出産をしたいから

 

ロハスなライフスタイルを送りたいと思っている友人達は病院での医療行為は過剰だと感じている人が多いようで、よりナチュラルに、自然な出産をしたいと言う理由から助産院を選んでいました。

 

助産院で産むメリット

 

  • 家族同伴で出産できる 
  • 家族同伴で入院可能(助産院による)
  • 早期退院できる
  • フリースタイルな出産が可能
  • アットホーム
  • 昔ながらの自然な出産ができる

 

やはり家族と共に出産を迎えられるのが一番のメリットだと思います。これ以上ないくらいにアットホームな空間の中で、ママと家族がかけがえのない貴重な時間を共有できることが本当に素晴らしいと思います。また、病院のように無機質な空間ではなく、まるで親戚の家のようなリラックスできる空間で、しかも産み方は立っても座ってもどんな体勢でもOK。ママが一番楽な体勢で産むことが可能です。友人の助産院は大きなお風呂場で産むことも可能だったそうですが、天井から出た綱を引っ張りながら産むスタイルを選んだそうです。(まるで、大奥みたいだ!)

 

助産院で産むデメリット

 

  • 妊婦健診の補助券が使えない

→ 出産後に役所に申告すれば還付してもらえます。

 

  • 少しだけ費用がかかる

→ 助産院での出産は55〜60万円ほどかかるところが多いです。しかし国から出産一時金42万円が出ますので、通常の病院より少し高いかなと言った感じです。

 

  • 医療行為が出来ない 

→ 助産院では医療行為が出来ないので何かあった時の対応は提携病院で行うことになります。またその観点から帝王切開も無痛分娩も出来ません。会陰切開も出来ないし、裂けても縫合する事が出来ません(経験者としては切られないで羨ましいような、裂けても縫ってもらえなかったらお股はどうなっちゃうんだろうと怖いような…)。ただ、医療行為が出来ないからこそ、家族同伴で産めるわけで、そこは一長一短ですね。

 

友人のびっくり体験談

 

【病院じゃできないフリースタイル出産】

 

先ほども触れましたが、友人は天井から出た綱を引っ張りながら産む大奥スタイルを選択しましたが、いきみやすいけどなかなか赤ちゃんが出てこない。そこで最終的には自分で自分の太腿を引き寄せて産む体勢↓で産んだそうです。

f:id:sobakasukarashimie:20180525014105j:image

(医療法人マイクリニック産婦人科様のHPよりお借りしました)

 

ちなみに、こんな四つん這い体勢もトライしたそうですが上手くいかなかったそうです。さすが、フリースタイル出産!病院では考えられない体勢ですね〜(^^;)

f:id:sobakasukarashimie:20180525014337j:image

(医療法人マイクリニック産婦人科様のHPよりお借りしました)

 

【へその緒を自分で切る】

 

病院ではへその緒はまず切らせてもらえませんが、友人の助産院では可能でした(全ての助産院で可能かは分かりませんが)。しかも、旦那さんに切ってもらう予定でしたが立会いが間に合わなかったため自分でハサミで切ったそうです。感触としては太いホースを切る感じだそうです(^^;)

ちなみに、へその緒を切る前にしばらくの間、自分でへその緒を握り、へその緒から脈を打つ感覚がなくなったら胎盤を出すそうです。(へその緒を自分で握って、切って…凄すぎる)

 

【胎盤を食べる!!】

 

極め付けはコレ!

これは友人の体験ではなく、知り合いの助産師さんから聞いた話ですが、出産直後の新鮮な胎盤を家族全員で食べたそうです…!これを聞いた時、現代日本のエピソードとは思えないほどの衝撃でしたが、数年前の東京での実話だそうです。海外セレブの中には美容効果を期待して食す人もいると聞きますが、生で、しかも酢醤油で頂くとは何とも生々しい…。ちなみに味は期待を裏切らずレバーだそうです(^^;)

 

さいごに

 

病院と助産院とでは、出産できる場としては同じでも経験できる内容は大きく異なります。しかし一番大切なことは、母子ともに安全に出産を終えること。これを第一前提として、いかに自分らしく出産するかを考えるのも素敵なことだと思います。助産院での出産、流行るかもしれません(^^)v

【スポンサーリンク】