そばかすからシミへ

そばかすからシミへ名称変更するように、女から2児の母へ華麗(?)なる転身をとげている私のもがき日記。2歳男児と0歳女児の育児で毎日テンパってます!

【スポンサーリンク】

【息子2歳半】トイトレ開始から16日たった現在の状況報告

息子のトイトレを始めてから、16日が経ちました。

はじめはどうなるかと思いましたが、意外とトレーニングが進んでいます(^^)

 

事前の下準備は効果があったのか?

 

事前準備として用意したものは、次の4つでした。この中で現時点で役に立った or あんまりだったものをまとめてみます。

・トイレ関連の絵本を読み聞かせてイメージ作り

→ 全然興味を持ってくれなかった。「またトイレの本読みやがって、つまんない」といった反応でした。トイレ関係の本ばかり読んでしまったのが敗因か。

・『いないいないばぁ』のトイレシーンを見せて、自分もやりたい!と思わせる

→ これは効果あったように思う。ビジュアルで訴えかけたおかげか、トイレで何をするのかイメージが作れたようだった。

・トイレの中はアンパンマンで飾り付け♡

→ 好きすぎて、剥がされ、壁紙崩壊…

・補助便座は息子が大好きなアンパンマンを用意!

→ トイレに入るきっかけを作ってくれた存在になったので良かった!

 

一番、効果があったのが教育テレビの『いないいないばあっ!』の中で流れる、おトイレでおしっこが上手にできるお兄ちゃん・お姉ちゃんを映すコーナーの動画でした。これを何本か集め、編集したものを見せていました。お兄ちゃんのマネをしたいお年頃の息子は、これに心をくすぐられたようでした(^^)

 

やはりシールの威力はすごかった

 

息子のイメージ作りは、ほぼほぼ出来たのですが、それでもなかなかトイレに入ってくれない。その時、新たに追加した武器は、やはりシールです!子供って本当にシール好きなんですね!「おトイレに一緒にいこー!」じゃ来なくても、「おトイレ乗ったらシール貼れるよー!」の声かけですんなりやってくるようになりました(^^;)

f:id:sobakasukarashimie:20180414050853j:image

ちなみに、シールは2パターン用意。ノーマルシールは、着衣のまま便座にまたいだ時に貼る用。ぷくぷくシールは、服・オムツ全て外して便座に座れた時に貼る特別用。

f:id:sobakasukarashimie:20180414050908j:image

はじめはズボンを脱ぎたくないと言っていたので、ただ座っただけのノーマルシールでしたが、ぷくぷくシールを貼りたい気持ちにつられて、比較的すんなりオムツを脱いで便座に座ってくれるようになりました。

f:id:sobakasukarashimie:20180414050825j:image

おしっこを出す感覚はお風呂で教えた

 

昔、友達が「うちの子、トイレに座ってもおしっこが出せないみたい」と言っていたので我が家では1歳頃からお風呂の洗い場でおしっこを出させる練習をしていました。練習といっても、私がおちんちんを指さしながら「おしっこー!」と言って、本当におしっこが出たら褒めまくるだけなのですが、その効果があってか、便座にまたがったら意外と後はスムーズに行きました。

 

さらにトイレトレーニング用紙おむつを導入 → 失敗!

 

7割がた座ってくれるようにはなったのですが、おしっこが出た後に教えてくれるばかり。する前に教えて欲しいのに~。そこで、トイレトレーニング用紙おむつを導入しました!なんと、おしっこした後の不快感は、通常の紙おむつのなんと10倍!それは気持ち悪いでしょうな!

期待を膨らませ履かせましたが、どうやらうちの子には効果がなかったようで、どんだけ気持ち悪いお股状況になってもケロっとしている息子。全然気持ち悪そうな仕草をみせず、今までのオムツをなんら変わらない様子…。どうやらうちの子のお股は鈍感なようです(^^;)

 

今後の課題

 

うんち、おしっこ共に、オムツの中でする前に教えてくれるようになること。「今度は先に教えてね~」と声かけはしているものの、「ん~(うるせー!)!」っとうざったそうな態度をとってくる息子(^^;)あまり言いすぎるのも良くないらしいので、ゆっくり息子のペースに合わせて進めていきたいと思います。

いつかはできるっしょ!(笑)

【スポンサーリンク】