そばかすからシミへ

そばかすからシミへ名称変更するように、女から2児の母へ華麗(?)なる転身をとげている私のもがき日記。2歳男児と0歳女児の育児で毎日テンパってます!

【スポンサーリンク】

私の趣味はドルフィンスイムです!その魅力を勝手にお話させてくださ〜い

今週のお題「自己紹介」

 

突然ですが、私の趣味はイルカと泳ぐことです(笑)

イルカだけでなく、マンタやジンベエザメ、さらにはアシカとも泳いできました。とにかく海に住む大きな生き物(特に海生哺乳類)と泳ぐのが大好きで、15年来の趣味となります。

 

きっかけ

 

大学生の夏、友達と夏休みに人生で一度はやってみたかったことをする旅行をしよう!と計画。その結論として、イルカと泳ぐことに決めました。ただ、ハワイ等でみられるような水中でロープを持ってガイドさんの後ろから眺めるだけのようなものでは嫌。本当に一緒に並んで自由に泳げるところがいい!でもそんなメルヘンなことが本当に出来るのかね?と半信半疑で探していたら、見つけました、小笠原!ってか日本で泳げるの⁉︎てっきり海外だと思っていたのに、びっくり!

 

f:id:sobakasukarashimie:20180410034242j:image

〈小笠原とイルカのイメージ図:出典元不明〉

 

しかも調べて行くと、ドルフィンスイムの世界三大メッカのうちの1つが小笠原だというじゃないか。これは行かねばっ!大学生のノリですぐに予約して行きました。

 

そもそも小笠原ってどこにある?

f:id:sobakasukarashimie:20180410065814j:plain

<小笠原村HPよりお借りしました>

 

ご存知の方がほとんどだと思いますが、東洋のガラパゴスと呼ばれる小笠原諸島は東京都にあります!東京から海へ1000キロ。現在も小笠原へ行く手段は船しかなく、浜松町駅にある竹芝桟橋から当時27時間(現在は24時間)かけて行きました。はっきり言ってめちゃくちゃ遠いですが、行くだけの価値がある素晴らしい場所で、その後10回くらい訪れることとなります。いつか小笠原の素晴らしさも書けたらいいなぁ〜  

 

小笠原諸島父島で初めてイルカと泳ぐ

 

本題に戻りますが(^^;)、この小笠原諸島父島で人生初めてのドルフィンスイムを体験しました!

太平洋の大海原へ出て、イルカを見つけたらすぐにシュノーケリングの準備をして海へダイブ!大慌てで海へ入り、巻き起こした泡が消えた途端に目の前にイルカの群れが現れた!しかもキューンキューンと鳴いている!テレビで見たような光景が目の前に広がっていて、海の中で感動して号泣!からの溺れる。ほろ苦いデビューでした(^^;)

 

完全にドルフィンスイムに魅了された

 

イルカは優しいとよく聞きますが、水中で会ったイルカは本当に優しい目をしていました。哺乳類だから当たり前かもしれないけど、黒目と白目がちゃんとあって瞼もある。口はニッコリ笑っているように見えるし、声は楽しげに歌っているよう。海の中に住む人間みたい。なんか不思議な親近感。ってか、なんて可愛いんだ!

 

f:id:sobakasukarashimie:20180410032105j:image

〈小笠原ではなく御蔵島のイルカですが、私が撮った写真です。こんなに近くで泳げるんですよ!〉

 

陸上では飼いならされていない4m近い巨大生物と至近距離で会うなんて絶対にあり得ないですが、海の中ではそれが出来てしまう。しかも手が届きそうな距離で。しかもドルフィンスイムの経験を重ねて行くと、イルカが遊ぼう!と誘ってきてくれることが分かるようになるんです。目と目を合わせながら一緒にゆっくりクルクル回転したり、しばし見つめ合ったり、海藻でキャッチボールしてみたり。嘘みたいでしょ(笑)?本気でイルカの着ぐるみを着た人間が泳いでると思いたくなるほどに人間っぽいイルカ達。同じ哺乳類でも自然界に住んでいるのに、ここまで人とコミュニケーションがとれる生物って他にいないのでは?

またイルカには不思議な力があるようで、子供の側ではびっくりするぐらいゆっくり沿うように泳いでくれることが多いです。また、お腹の周りをやけにグルグルまわるな〜と思って下船後、検査をしたら妊娠していたと言うのは良く聞く話。嘘のような体験を本当に出来るんです!凄くないですか(笑)?

 

ドルフィンスイムに行きまくるOL時代

 

大学卒業し、OLとなってもドルフィンスイム熱は冷めず、ドルフィンスイムの三大メッカの1つでもある御蔵島(東京から船で8時間かかるこれまたなかなかの遠い島)へ、シーズンの時期は毎月通っていました。

 

f:id:sobakasukarashimie:20180410034145j:image

↑時には赤ちゃんに出会える事も♡

 

イルカ以外とも泳ぎたい!

 

ドルフィンスイムをしていると他の生き物とも泳ぎたくなり、その後、マンタ・ジンベエザメ・アシカと手を伸ばして行きました(笑)

マンタと泳いだ時は、まるで空飛ぶ絨毯と泳いでいる気分でした!

 アシカと泳いだ時なんて、わざわざ新婚旅行先をアシカスイムで有名なオーストラリアのパースに設定したほど。アシカとの水中体験は素晴らしいもので、人懐っこさはピカイチ!まさに水中に子犬がいる感覚!カメラを興味深く覗き込んだきたり、フィンをハムハムしてきたり、とろける可愛さでした♡

 

f:id:sobakasukarashimie:20180410035550j:image

↓ヒゲが短いので、まだ子供

f:id:sobakasukarashimie:20180410035633j:image

↓じゃれ合う子供たち

f:id:sobakasukarashimie:20180410035732j:image

↓足ひれハムハム♡

f:id:sobakasukarashimie:20180410035825j:image

 

夢はクジラスイム!

 

色々海生哺乳類と泳いできましたが、最終目標はザトウクジラと泳ぐこと!

2メートル近くある胸ヒレと大きな尾ビレを持つザトウクジラですから、叩かれたら大ケガします。危険と隣り合わせではありますが、優雅に海を泳ぐ海の王者のクジラと泳ぐことが最大の夢なのです。一度、鹿児島の沖永良部島でトライしたのですが、あいにく泳げるようなクジラが現れず叶いませんでした。いつか絶対に叶えたいものです。

 

実は日本はドルフィンスイムの聖地なんですよ!

 

先ほども触れましたが、日本は世界有数のドルフィンスイムのメッカが2つもあるのです!小笠原諸島と御蔵島、ともに東京都です(東京がドルフィンスイムのメッカと言うのも面白いところ)。世界的に有名なスポットがあるにも関わらず、あまり有名じゃないのが不思議なくらい。自然界の生き物と心を通わせられるドルフィンスイムをするのに絶好の国に住んでいるのですから、是非多くの人に体験してもらいたいなと思っています!最高の思い出になりますよ!

 

【スポンサーリンク】