そばかすからシミへ

そばかすからシミへ名称変更するように、女から2児の母へ華麗(?)なる転身をとげている私のもがき日記。2歳男児と0歳女児の育児で毎日テンパってます!

【スポンサーリンク】

サイレントベビー?スマホネグレクト?ママを苦しめる言葉ばっかり作りやがって

f:id:eyebon0725:20180128154451p:plain

Yahoo!検索急上昇ワードとして、

【サイレントベビー】なるものを見つけました。

 

赤ちゃんが泣いてママに訴えているのに、ママがすぐに反応してくれないと、赤ちゃんも要求しない子になるとかなんとか。

 

ママサイトの中には、

 

将来的に暴力的になったり、引きこもりになったり、問題行動を起こす子供になるよと書いてあるものもあるようです。

 

スマホ育児もそうですよね。

 

子供にスマホでゲームやら動画を見せると発語が遅くなったり、人とのコミュニケーションが苦手な子になったり、脳や心の発育によくないとか。

 

あ〜

また出たよ。

育児にまつわるキーワード。

そして、ママを苦しめる悪ワード。

 

ネットやSNSもママを苦しめる原因の一つ。

見たくもない「私こんなに良いママです♡」的なキラキラ優等生ママを嫌でも見せつけられ、意識していないつもりでも、自分と比較し、

あー…、私はこんなに手を掛けてあげられてないな。。

ダメママだなぁ… 

と凹みます。 

 

さらに、妊娠期・産後と、赤ちゃん情報が知りたくて検索しまくっちゃうんですよね。

例えば、「新生児 寝かしつけ」「産後 出血」とか。

そこで頼りにしてしまうのがママサイト。 

あらゆるシチュエーションを網羅しているので、大概の自分の悩みに関する記事を見つけることができ、読み漁り、鵜呑みにします。

情報に飢えている状況なので、出典とか気にすることもなく、書いてあることを全て「正しい情報」と捉えてしまいます。

 

その「正しい情報」と照らし合わせて、

私はちゃんと出来てないな。とか書いてある通りにやってるのに、なんでうまくいかないんだろう。私がダメだからかな。とか真剣に悩んでしまうのです。

 

ママってもんは、子供を育てるためにとにかく一生懸命なんです。

 

子供にはスマホもダメ。テレビも2時間まで。ママがたくさん遊んであげなきゃダメ。それに、泣いたらすぐ応えてあげなきゃ。授乳中にスマホいじるなんて論外。離乳食も手作りじゃなきゃダメよ。知育教育は0歳児からやらなきゃ間に合わないからね。

 

ママに容赦なく浴びせられる育児論です。

もっともっとあります。あげたらキリないですね。

 

全て子供にとって良いことかも(?)しれませんが、

「これが出来てるのが正解のママ」だと言わんばかりにママを縛り付ける言葉だらけだこと!

 

これが出来てないママはダメママ。

子供がかわいそう。

将来やばいことになっても知らないからね。

そう言われているようなもんなのです。

 

もー、そういうのやめにしてくれ!!

 

スマホ渡してでも静かにしてて欲しい時ある!

授乳中はママにとっても一休みできる束の間の静寂の時なんだ!スマホ見て一休みさせてよ!

毎回離乳食を手作りするのって大変だから、時には市販の出したっていいでしょ!ってか、「ちゃんと手作りしてます♡」アピールのSNSうざいー。手作りした方がエライみたいな世間の目もうざいー。

 

子供に焦点を当てた育児論、良いと思います。

でも、それが行き過ぎるあまり、ママにも焦点当てるの忘れてませんかね?

育児は子供と親。特にママが携わるものですよね。

なら、子供ばかりでなく、ちゃんとママの心や現代の生活を踏まえた提唱をして頂きたい。

核家族化が進み、昔みたいにおじいちゃん、おばあちゃんには頼れないんです。ご近所さんにだってそう。1人で悩みもがきながら頑張って子供育ててるんです。

だから、ママを苦しめる言葉はもうお腹いっぱいです。

これからはママをいかに楽にしてあげるか、余裕を作り出してあげるかに目を向けた育児も唱えていって欲しいものです。

その余裕は笑顔を生み、必ず子供に好影響を与えることに繋がると思いますから。

 

【スポンサーリンク】